【お得な「ふるさと納税」ランキング〜お酒編〜】 「ふるさと納税」でお酒がもらえる自治体を比較! 特産品の酒量が多くてコスパが高い自治体は?

写真拡大

お酒を飲んで地方に貢献できて、家族に文句も言われない!?
「ふるさと納税」を活用して毎日の晩酌で地酒を堪能しよう!

 消費税が5%から8%に上がり、毎日のちょっとした楽しみである晩酌すらままならないお父さんに朗報です!「ふるさと納税」を活用すれば、お礼として全国の地酒をどっさりともらうことができるのだ!

 特典の特産品に「お酒」を用意している自治体数は全国で150以上。この数からもわかる通り、「ふるさと納税」をすることで、全国津々浦々の日本酒や焼酎、ビールやワインなど、さまざまな地酒を入手できる。なかにはネットショッピングなどでは取扱いがなく、現地に赴かないと手に入られないようなレアなお酒まであるので、舌が肥えた呑兵衛も満足できるはずだ。

 さらに、量の面でも1万円以上の寄付で日本酒の一升瓶(1800ml)を2本もらえる自治体が多数あり、それらの3自治体に1万円ずつ寄付すれば、一升瓶を計6本ももらえるので満足度は高いだろう。

 しかも、条件はあるものの税金が控除されるので、家計にも優しく、家族から文句を言われることもないはず!?

 改めて説明しておくと「ふるさと納税」とは、納税(寄付)した翌年に確定申告をすれば、寄附金控除の適用下限額である2000円を超える部分は、一定の上限まで所得税・個人住民税から全額が控除の対象となる。いくら控除されるかは納税者によって異なるが、例えば控除の対象となる寄付金の上限額が3万円の場合、適用下限額である2000円を引いた額、すなわち2万8000円が控除対象額となる。

 つまり、3自治体に1万円ずつ、合計の3万円を寄付した場合でも、実質負担額は2000円で済んでしまうのだ。これだけお得であれば活用しない手はない!

 そこで今回は「ふるさと納税」の特典でお酒がもらえる自治体のお得度をザイ・オンライン編集部が調査し、ランキングを作成した。

 なお、お酒の味やブランドは個人の好みに左右される面も大きく、お酒の種類によって価値も変わってしまうので、今回のランキング作成に関しては「寄付金額に対して、どれだけの『量』のお酒をもらえるか」を選定基準にしている。

 それではさっそく「ふるさと納税の特典でお酒がもらえる自治体のコストパフォーマンスランキング」を発表していこう!

【第1位】1万円以上の寄付で地ビール3960ml!
「作州津山ビール宇宙ラベルシリーズ」の
4種類の味が楽しめる「岡山県津山市」

「岡山県津山市」に1万円を寄付してもらえる特典は、「作州津山ビール」の「宇宙ラベルシリーズ」4種セット。

 最高級のファインアロマホップを使用した「イツハ(ケルシュ)」、苦みをおさえているのでビールが苦手な人でも飲みやすい「メルク(ヴァイツェン)」、少し酸味が効いておりコクがある味わいの「アルト」、豊かなローストの香りを感じられる「スタウト」の4種類を各3本、計12本がセットでもらえる。「作州津山ビール」を製造している「多胡本家酒造場」は創業300年以上の超老舗で、加茂川の名水、そして酒造場の歴史と技術に裏付けされた極上の地ビールを思う存分楽しむことができる。

【同率2位】1万円の寄付で日本酒・焼酎3600ml!
お酒だけで14種類! 自分の好みに合った
日本酒・焼酎を選ぶことができる「茨城県石岡市」

 同率2位には、なんと5つの自治体がランクインした。

「茨城県石岡市」では、1万円以上の寄付で「特別純米筑波1800ml×2本」や「渡舟純米吟醸1800ml+太平海特別純米1800ml」など、さまざまな組み合わせの日本酒、焼酎を選ぶことができる。しかも、量にこだわらなければ「特別純米生酒筑波720ml×3本」「柚子しらぎく(リキュール500ml×5本)」など、お酒だけで全14種類という豊富なラインアップを揃えているので、お酒好きなら必見の自治体だ。

 石岡市は筑波山から流れる豊富な水がある酒造に向いた地域で、霞ケ浦に面しているので水運も発達。昔から多くの蔵元が技を競い合った酒処だからこそ、このような特産品を用意できるのだ。石岡市では年度内に何回でも「ふるさと納税」を申し込むことができるので、さまざまな日本酒を飲み比べてみるのもいいだろう。

【同率2位】1万円の寄付で純米酒3600ml!
純米酒のほか、ワイン、米焼酎、そば焼酎など
「長野県」では全21種類のお酒を特典に用意

「長野県」が「ふるさと納税」の特典として用意しているお酒は、「茨城県石岡市」の14種類を超える21種類! なかでも、酒量を考えると1万円で3600mlももらえる「特別純米酒黒耀(1800ml×2本)」や「木曽路特別純米酒(1800ml×2本)」などがコストパフォーマンスが優れているといえる。しかし、そのほかのお酒も魅力的で、エッセイスト・玉村豊男氏が営むワイナリーの「ヴィラデスト・ヴィニョロンズ リザーブ(750ml)」などのワインのほか、純米大吟醸、焼酎、そば焼酎、シードルといった豊富な種類のお酒が用意されているので、選ぶ楽しみもある。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)