ASKA被告、保釈直後の対応に集まる憶測「あれが精いっぱい」

ざっくり言うと

  • 覚醒剤取締法違反罪などで起訴されたASKA被告が3日、保釈された
  • 釈放時の肉声なき謝罪に関し担当弁護士は「精一杯の対応だった」と明かした
  • 重度の薬物中毒で話すことができなかった可能性もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング