「サッポロ 極ZERO(ゴクゼロ)」を発泡酒として再発売

写真拡大

サッポロビールは、「第三のビール」としての販売を終了していた「サッポロ 極ZERO(ゴクゼロ)」を発泡酒として、2014年7月15日に再発売する。4日、発表した。

現時点での注文数は、計画比104%と13年7月とほぼ同数の出荷数量で、好調。発売後の月間平均出荷数量を約2割上回る数量となっている。

生産拠点は九州日田工場・静岡工場に加え、6月下旬からは千葉工場でも設備を整え、夏の最盛期に向け供給体制を拡充した。

「サッポロ 極ZERO(ゴクゼロ)」はプリン体ゼロ、糖質ゼロを実現した「第3のビール」で、13年12月にリニューアル発売後、14年6月に国税庁から「第3のビールではない可能性がある」と指摘を受けて、販売を終了していた。

価格はオープンだが、発泡酒への変更によって、140円前後だった小売価格は20〜30円上がる見込み。