毎年6月末からイギリスのロンドンで開催されている「ウインブルドン選手権」。世界中のテニスファンが愛するこの伝統ある大会に、今年もクルム伊達公子はシングルスとダブルス、両方に参戦した。1990年代、そのクルム伊達とともに日本女子テニス界を盛り上げた神尾米氏の目には、大会最年長となる43歳のプレイはどのように映ったのか。

■1990年代と比べて「何もかもが速くなった」

 私が現役だった1990年代と比べて、現在の女子テニスは大きく変わりました。道具の進化もあると思いますが、すべてにおいてスピードがどんどん上がっています。ボールのスピードもそうですし、試合の展開だったり、ポイントの取り方も速くなりました。昔の自分の試合の映像を見ても、「なんて遅いんだ」って感じるくらい(笑)。

 以前のテニスというのは、まずはクロスでラリーをつなぎ、チャンスを待つ......というのが普通でした。でも今は、チャンスを待っていたらダメですね。自分から攻めてチャンスを作っていかないと、勝てなくなっていると思います。同時に、テニスそのものが潔(いさぎよ)くなっているとも感じます。今の選手のほうが、勝負しに行く勇気がある。逆に言えば、勝負に行く根性がないと、トップに行けないという印象です。

 伊達さんも1990年代のころは、クロスを主体にしたテニスでした。左右から鋭角に外に抜けていくクロスの切れ味が鋭く、特にバックのショットがすごかった。

 でも今は、早めにストレートに展開していきます。ネットに出ていくタイミングも早いし、その決断をする勇気がすごい! それにボレーの精度も、ものすごく上がっています。そこは、以前と大きく変わったところだと思います。スマッシュも力強くなりましたよね。それは、ダブルスをやっている効果もあると思います。ですから、年齢は重ねていますが、私から見ると衰えたところはないです。もちろん、若いときのほうが持久力や回復力はあったでしょうが、技術は錆(さ)びないし、むしろ上がっているのではと思います。

■ウインブルドンと伊達の相性

 ウインブルドンという大会は、私たちすべてのテニス選手にとって夢でした。子供のころは、「テニスと言えばウインブルドン」。テニスとウインブルドンは、イコールくらいのイメージだったんです。

 その憧れの舞台に、出てみたい。出たら、今度は勝ちたい――。そう思わせてくれる場所でした。選手時代は、「ウインブルドンで1勝すれば、胸を張って日本に帰れる」と思えたくらいです。

 それが何故かと言えば、やはりすべてが厳格だからです。例えばウインブルドンは、予選と本選の会場が違うんです。そのことは以前から知っていたのですが、実際に初めて予選に出たとき、予選のパスでは、本大会の会場にも入れないことを思い知らされました。会場の門の前で、追い返されたことをハッキリと覚えています。もう、泣きたかったですよ(笑)。悔しくて、悔しくて......。それで、「いつか絶対に、ここの芝生を踏んでやる!」と心に誓い、ウインブルドンの本選で勝つことにかけていました。

 私たちの世代の選手は、みんなそうだったと思います。ウインブルドンはロッカールームも3つあって、シード選手と、中間くらいの選手、そしてそれ以下......というふうに分かれているんです。私も最初は一番下で、2番目までは行きましたが、その上までは行けなかった。「ここはやっぱり、すごいな〜」と思いましたね。

 そんなウインブルドンの特性のひとつである芝のコートは、伊達さんのテニスがすごく生きる場所だと思います。まずはバウンドが低いので、伊達さんの最も好きな打点でボールを捕えることができるんです。伊達さんはボールの跳ね際を低い位置で捕えるのが好きで、テイクバックもラケットを下げます。ですので、低い位置だと一番スイングスピードの速い打点で捕えられ、ネットのギリギリを通すことができます。

 もちろん、速いコートというのは、相手のボールが速いということでもあるのですが、伊達さんは読みが良いので、スピードについていけるんですね。相手が強いボールを打ち込めば打ち込むほど、テンポ良くポンポンと返していく。そのリズムが、相手には非常にやりづらいんです。自分のリズムがつかめず、最後はムキになって崩れた体勢で打ってミスになる。負ける人は、みんなそのパターンです。

 それに芝は、展開や仕掛けも早いので、伊達さんの潔さが利くコートだとも思います。伊達さんは、勝負どころで迷いがない。実際は伊達さんだけでなく、ここぞというときにリターンで勝負に行くべきことは、すべての選手が分かっているんです。「どうしよう?」と思っている選手なんて、いないです。でも、普通はいろんなことを考え、迷ってしまう。「球種はスピンか、それともスライスか? コースはどちらに来る?」と思っていると、行きたくても行けなくなってしまう。でも伊達さんは、「こう」と決めたらブレない。「バックに来たら、ストレートに返す。こっちに来たらクロスに打つ」というふうに決めているように思います。その割り切り方がすごいんです。

 また、芝はイレギュラーもありますが、伊達さんはしっかりひざを使って、それにも対応できています。逆に大柄な相手は、イレギュラーすると打点がブレてクリーンヒットできません。伊達さんは、そのあたりも計算に入れてるんじゃないかな?

 彼女は、あらゆる可能性を頭に入れて試合をしています。例えば以前に伊達さんが、ある選手と対戦する可能性について、こんな話をしていたことがあったんです。

「実力は、相手のほうが確実に上。でも、このスタジアムにたくさんの観客が入った環境になれば、私はノンプレッシャーだし、相手は萎縮する。そうなれば、チャンスはきっとあるよ」と。伊達さんはそういうことも、全部考えてますよ。相手が緊張してダブルフォルトすることすら考えている。「ここで来る、どこかで来る」と思っているから、実際に来たときは、「ここだ!」と見逃さないんです。心の準備ができているんだろうなというのは、試合を見ていて感じます。

■中盤までは完璧だったマカロワ戦

 今回のウインブルドン・シングルス初戦のエカテリーナ・マカロワ(ロシア/世界ランキング22位)戦にしても、シード選手の相手が初戦で自分とやるのは嫌なはず、ということも考えていたと思います。

 テニスも、完璧でした。相手が何かしてくる前に、攻め込んでいましたよね。ほんの少しでもストレートに打てるチャンスがあれば、どんどん先に展開していました。そうして、相手にリズムが出てきたなと感じたら、前に出てボレーを決めたり、リターンからもネットダッシュしていました。前に出ていく見極めもすごくて、相手がスライスを打つ構えになった瞬間に、すでに足が一歩前に出ている。伊達さんは、ボレーを打つときのグリップの位置も独特で、ラリーのときよりグッと短く持つんですよ。それも含めて、見極めが早いので対応できるし、すぐにネットに出ていけます。それをやりきる心の強さも、昔以上だと感じます。

 ただ、最後のほうは疲れからか、ボールがクロスに集まってしまいました。相手のマカロワも、最後まであきらめなかったところは、やはりシード選手です。普通なら心が折れてしまいそうな局面でしたが、恐らく伊達さんが疲れていると感じ、最後まで粘れたのだと思います(試合は6−3、4−6、5−7でマカロワの勝利)。伊達さんとしては、すべてを出し尽くした試合だとは思いますが、きっと悔しすぎて、眠れない夜だったのではと思います。

 それでも負けはしましたが、最高のプレイでした。マカロワでなければ、勝てていたと思います。今回の伊達さんのプレイを見て、今後に向けて可能性しか感じません。やっぱり、芝が大好きなんだな、芝での勝負が大好きなんだなって。前に出ていく見極めやレシーブのタイミングなんて、最高でしょ(笑)? そのあたりは、日本人の他の選手たちにも、ぜひ参考にして欲しいと思います。マネするのではなく、なぜ伊達さんにはそれができるのかを研究して、自分のモノにして欲しい。伊達さんも復帰して以来、他の選手たちと同じようにゼロから下部大会を回って、ここまで駆け上がってきたのですから。

 実は、復帰直前の伊達さんがエキジビションに向けて練習を始めたとき、私も週1回通っていたSSC(湘南スポーツセンター)に来ていたんです。そのときに伊達さん、SSC所属の選手たちと練習していたんですね。私が「何やってるんですか、伊達さん。ケガしちゃいますよ〜」なんて冗談で言ったら、「なんかハマってるかもね」って笑いながら言ったりしていて......。でも、そのときの伊達さんの取り組みを見ていたら、ものすごく真剣だった。「あれ? 伊達さん、真剣だよ? 伊達さんという人は、真剣になったらすごいよ」って思っていたんです。ですから、現役に復帰したときも、それほど驚きはしませんでした。

 私は伊達さんのファンでもあるので、伊達さんのことは全面的に応援しています。自分のために自由にやって欲しいですし、これからも、私たちをワクワクさせて欲しいと思います。

【profile】
神尾米(かみお・よね)
1971年11月22日、神奈川県横浜市生まれ。母の影響で10歳からテニスを始め、東海大学付属相模高校卒業後の1990年にプロ転向。1992年の全豪オープンを皮切りにグランドスラムで活躍。1995年にはWTAツアーランキング24位まで登りつめるが、肩の故障により1997年2月の全日本室内テニス選手権の優勝を最後に25歳の若さで引退。現在はブリヂストンスポーツのイベントで全国を回るかたわら、プロ選手やジュニアの育成に携わっている。

内田暁●構成 text by Uchida Akatsuki