『FORMA』©kukuru

写真拡大

坂本あゆみ監督の映画『FORMA』が、8月16日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で公開される。

【もっと写真を見る】

同作は、塚本晋也監督の作品に多数参加し、PVの監督やライブ映像の演出なども手掛ける坂本監督の初長編監督作。9年ぶりに再会した高校の同級生の保坂由香里と金城綾子の2人を主人公に、由香里を自分の会社に誘うも、ある思いから徐々に由香里に冷たい態度をとるようになる綾子と、綾子の奇妙な態度によって追い詰められていく由香里の関係性や、憎しみの連鎖によって起こる悲劇を描いたサスペンスになっている。なお、クライマックスは24分間の長回しで撮影されているという。

由香里を演じるのは、『蘇りの血』などの作品に出演する松岡恵望子。綾子を梅野渚が演じる。さらに、由香里の婚約者・田村陽平役を同作の脚本も手掛ける仁志原了、物語の鍵を握る長田修役をノゾエ征爾、綾子の父・金城利隆役を光石研が演じている。なお、同作は『ベルリン国際映画祭』のフォーラム部門で『国際映画批評家連盟賞』を受賞している。