ASKA被告、初犯でも重めの判決か

ざっくり言うと

  • ASKA被告の裁判の行方を、元東京地検公安部長の弁護士が予想している
  • 一般的な初犯のケースに比べ、MDMAの所持量がかなり多い
  • 「懲役2年6月〜3年、執行猶予は3〜4年と重めの判決が下るのでは」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング