写真提供:マイナビニュース

写真拡大

今夏、アジアで初めて静岡の大井川鉄道を走行する蒸気機関車「きかんしゃトーマス号」を記念し、7月12日〜9月28日に千頭駅で開催される「トーマスフェア」が2日、お披露目された。

「トーマスフェア」は、千頭駅会場と音戯の郷会場の2会場で開催。千頭駅会場では、きかんしゃトーマスの仲間で、日本からソドー島に渡った蒸気機関車「ヒロ」が、イベントに先立ち3月22日より展示されているほか、トーマスグッズの販売や、トーマスのふわふわが楽しめる。

また、「きかんしゃトーマス号」運転日は、11:51にトーマスが千頭駅に到着。その後、12:20に、転車台でトーマスが向きを変える様子を見学することができ、12:40〜13:40の間は、トーマスとヒロが並び、一緒に写真を撮ることができる。そして、新金谷駅に向け、トーマスは14:10に千頭駅を発車する(時間は変更になる場合あり)。

千頭駅すぐそばの音戯の郷会場では、トーマスミニSLの乗車体験や、トーマスのゲームが楽しめるほか、トーマスの木製ジオラマ、トーマスのフォトスポットが登場する。

なお、「きかんしゃトーマス号」の走行は、7月12日〜10月12日の指定日に実施し、新金谷〜千頭を1日1往復する。

「トーマスフェア」開催概要【千頭駅会場】開催期間:7月12日〜9月28日10:00〜16:00入場料:小学生以上500円(大川鉄道を利用していない場合は別途千頭駅入場料150円が必要)【音戯の郷会場】開催期間:7月12日〜9月28日10:00〜16:30(最終受付16:00)入場料:大人500円、小中学生300円、シニア400円、幼児無料(C)2014 Gullane (Thomas) Limited.