WHO エボラ対策で緊急会合を開く

ざっくり言うと

  • WHOと西アフリカ諸国が、エボラ出血熱対策を話し合う緊急会合を開いた
  • 2月以降、ギニアなどで合計467人が死亡、史上最悪の状況となっている
  • 資金不足、文化面の問題、遺体を洗浄する伝統などが対策を困難にしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング