※イメージ画像:『Audition 2012年11月号』白夜書房

写真拡大

 先月28日、映画『渇き。』の公開記念舞台あいさつがTOHOシネマズ日本橋にて開催され、中島哲也監督をはじめ、出演者である役所広司(58)、小松菜奈(18)、中谷美紀(38)、橋本愛(18)が出席した。しかし、ネットではこの時の橋本の様子に「生気がない」との声が寄せられている。

 この日、橋本は本作で映画デビューをした小松について「すごく綺麗で可愛くて、近くにいると難しい気持ちになるんですけど、その魅力を大事にしてくださるたくさんの方に出会って、素敵な菜奈ちゃんをずっと見ていたいです。好きなの」と話すなどしていたが、その表情はどことなくうつろで、心なしか笑顔が少なく見えた。そのため、ネットユーザーからは「疲れてるのかな?」「負のオーラが漂ってる」との反応が相次ぎ、「『あまちゃん』の時はもっとかわいかったのに」と落胆する人まで。

 橋本といえば、09年からティーン向けファッション誌「Seventeen」(集英社)のモデルとして活躍し、10年に公開された中島哲也監督の映画『告白』への出演で一気に知名度を上げた。その後、13年の『桐島、部活やめるってよ』でヒロイン役を演じた際には第86回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞、第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。同年にはNHK連続テレビ小説『あまちゃん』にも出演し、NHK紅白歌合戦にも『あまちゃん』枠で出場を果たしている。

 その一方では、『あまちゃん』の放送期間に、『桐島、部活やめるってよ』で共演した俳優・落合モトキ(23)とのお泊まりデートをスクープされ、落合に「未成年淫行」との批判が集中し、わずかその3カ月後に14歳年上の俳優・綾野剛(32)との熱愛が報じられ、「魔性の女」「尻軽」と揶揄される結果となった。加えて、昨年12月には一人で夜の新宿をフラフラと歩き、道端の看板を叩くといった奇行がキャッチされ、今年2月に「エランドール賞」の新人賞の授賞式に出席した際には激太りがささやかれるなど、プライベートでの素行も注目を集めている。

 今回の『渇き。』の舞台あいさつでは、激太りと噂された頃に比べると体型もスッキリとしたようにも見え、これでかつてのような健康的な美しさを取り戻すかのように思えた橋本だが、今度はその表情にまで心配の声が上がってしまうことに…。

「『渇き。』はCM畑出身の中島哲也監督らしいポップさはあるものの、リミッターが外れたようなバイオレンス描写も満載のハードな内容の作品。橋本愛さんは小松菜奈さんの友だちを演じていますが、その父親役である役所広司さんとのやり取りで、殴り合ったり蹴ったりといったシーンがあります。しかも、この殴るシーンは本当にリアルで、観ているこっちが心配になるほどの迫力でした。決して長い出演シーンではないんですが、だからこそ、しっかり脚本を読みこんで作品に参加しているんだろうな、と思いました。まっ、この映画の出演者は、皆まるで取り憑かれたように役柄に入り込んでいましたが(笑)。舞台あいさつで生気がないような表情も役を引きずっていたからかもしれません。何事にも影響を受けやすい、橋本のような年頃の女優にはままあることでしょう。世間的には『あまちゃん』の時の役柄のイメージが強くなってしまった分、ギャップを感じるのかもしれませんが、本人は至って普通という可能性もありますね。彼女は主演映画『リトル・フォレスト』の『夏編・秋編』『冬編・春編』の公開をそれぞれ8月と来年2月に控え、11月と来年にも『寄生獣』の『Part1』と『Part2』の公開が予定されているというかなりの売れっ子状態ですから、多忙なことも関係しているのかもしれません」(芸能関係者)

 公開を控えている映画『リトル・フォレスト』は四季を通して人と自然が共存するという壮大なストーリーであり、『寄生獣』は正体不明の生物が人間の脳に寄生するというSFモノ。ジャンルを問わずに多彩な役をこなすことができる橋本だけに、作品の中で魅了してくれれば何の心配もいらないといったところだが…。
(文=サ乙)