伝説のカフェがビーチハウスに!葉山「カフェ ド ロペ ラ メール」

写真拡大

太陽がまぶしい、相模湾から吹く海風が涼しい、葉山・御用邸の緑がみずみずしい・・・。そんな海岸に、夏を彩る白亜のビーチハウスがお目見え!

今年も、7月5日(土)から8月31日(日)まで、葉山の一色海岸で、「Café de Ropé La mer(カフェ ド ロペ ラ メール)」がオープン!

1970年代、原宿・表参道にあった伝説のカフェ「カフェ ド ロペ」。国内で最初にペリエを出したというハイセンスなカフェは、当時の若者たちの憧れの場所でもあったとか。そのカフェをアレンジして、2009年にビーチハウスとして復活してから、今年で5度目の夏。感謝の気持ちを込め、「この夏完全燃焼!」を合言葉に、スタッフ一丸となって「忘れられない夏」をお届け。

「御用邸の緑を背にして建つ真っ白なビーチハウス『カフェ ド ロペ ラ メール』は、一色海岸の夏のシンボルです! 開放的な空間とともに、太陽をたっぷり浴びた新鮮な野菜を使ったフードやオリジナルビーチカクテルなど、ここでしか味わえないこだわりのメニューが揃います。友人、家族、恋人との特別な時間をスタッフ一同熱く演出します。『忘れられない夏』をぜひ『カフェ ド ロペ ラ メール』でお過ごしください」と、広報担当の永野さん。

メニューには、いちばん人気の「湘南ライスプレート」をはじめ、毎年、海外で話題のメニューをいち早く取り入れるなど、ラインナップもグルメ仕様。スーベニールショップでは、キュートなロゴの入った、限定のレアアイテムを多数販売。
そのほか、海辺のヨガを楽しめるワークショップも開催! さらに、豪華なアーティストを迎えた音楽イベントも充実していて、特に、突然のシークレットイベントが開催される週末は、目が離せない!

そんな夏の一色海岸で、夏一色に染まってみる?