『青鬼』 ©2014 noprops/黒田研二/『青鬼』製作委員会

写真拡大

7月5日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開される映画『青鬼』の場面写真が公開された。

【もっと写真を見る】

同作は、フリーゲームソフト『青鬼』を実写化した作品。化け物が出ると噂される不気味な洋館「ジェイルハウス」に閉じ込められてしまった転校生のシュンら6人の高校生が、巨大な青い影が迫る中で脱出ルートを探っていく様子がスリリングに描かれる。主演には今回が映画初主演となるAKB48の入山杏奈が抜擢されているほか、須賀健太、陳内将、聖也、古畑星夏、尾関陸らがキャスティングされている。

今回公開された場面写真では、ゲーム版でも印象的なデザインが話題を呼んだキャラクター・青鬼がドアの隙間から巨大な目で覗きこんでいる場面をはじめ、大きな口を開いて人間に襲いかかる青鬼や、目を見開きながら背後に迫る青鬼などが確認できる。

なお、同作のCGディレクターを務めた土井淳は、『青鬼』を実写化するにあたって「オリジナルのデザインは、頭が大きく、目も大きい、そして身長も3メートル程あります。こんな奴から逃げられるのか、と思わせるような風貌をしています。それを映画用に、角度によってはカッコ良くも見え、不気味にも見える、そして可愛いらしさも備えたクリーチャーに仕上げました」とコメントしている。

また、同作の最速上映が7月5日からニコニコ生放送で行われる。さらに7月6日に放送されるニコニコ生放送の特別番組では、入山杏奈らキャスト陣が出演する予定だ。