ASKA容疑者は薬物依存度が高いため、保釈後、更生施設に直行という情報も

ざっくり言うと

  • 覚醒剤使用などで起訴されたASKA容疑者の弁護人が6月30日、保釈を請求した
  • 薬物依存度が高いため、保釈後には更生施設に直行という情報もあると記者
  • レコード会社や所属事務所が契約を解除し、音楽活動再開は非常に困難な状況

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング