三輪バイクのCMに起用された大島優子さん。前輪が2つで後輪が1つついている

写真拡大

タレントの大島優子さん(25)がAKB48卒業後初めて単独でCMに起用され、2014年7月1日、東京・秋葉原で記者発表会が開かれた。大島さんが宣伝するのはヤマハ発動機が9月に発売する新型の125ccバイクだが、大島さんはまだ普通自動車や二輪の免許を持っていない。CM起用を期に教習所通いを始めたといい、「皆さんにいい報告ができるように頑張りたい」と意気込んでいた。

大島さんが起用されたのは、前輪が2つで後輪が1つの三輪バイク「TRICITY(トリシティ) MW125」のCM。段差を乗り越えたりデコボコ道を走る際、これまでの二輪バイクよりも安定性が高いとされている。14年4月にタイで発売され、9月10日から日本市場にお目見えする。価格は35万6400円を予定している。

「おしゃれな街に繰り出してみたい。横浜とか行ってみたい」

大島さんは

「おしゃれな街に繰り出してみたい。横浜とか行ってみたいですね。自分で風景とかを見ながら、乗って楽しむのもいいかもしれませんが、客観的に乗っている自分と、トリシティと、街の風景がマッチしそう」

と意気込むが、その前に必要なのが二輪免許の取得だ。教習所では7年ぶりに本格的な座学に臨み、技能訓練については

「最初は怖いと思っていましたが、乗るにつれて楽しくなっていって…」

と順調ぶりをアピール、一発合格を目指している。

「もう一度しっかり勉強して、皆さんにいい報告ができるように頑張りたいと思います」

MW125は、水冷124ccFI(フューエルインジェクション)エンジンを搭載。最大出力11ps、最大トルク10ニュートンメートル。発進から低速域はスムーズに、中・高速域では伸びのある走り行う。車両区分は原付二種で、運転するには小型限定普通二輪車免許以上が必要。