『耳をすませば』背景画およびセル画 1995年 ©1995 柊あおい/集英社・二馬力・GNH

写真拡大

アニメーター・近藤喜文の世界観を紹介する『新潟が生んだジブリの動画家 近藤喜文展』が、7月4日から新潟県立万代島美術館で開催される。

【もっと写真を見る】

1950年新潟生まれのアニメーター・近藤喜文は、『巨人の星』『ルパン三世』『ど根性ガエル』『パンダコパンダ』『未来少年コナン』といったテレビアニメの製作に携わった後、1987年にスタジオジブリに入社。『火垂るの墓』のキャラクターデザインや作画監督を務めるなど高畑勲、宮崎駿からも厚く信頼を寄せられ、以降も『魔女の宅急便』『おもひでぽろぽろ』『紅の豚』『平成狸合戦ぽんぽこ』といった作品で活躍した。1995年に公開された『耳をすませば』で初の劇場用長編映画の監督を務めるも、1998年に解離性大動脈瘤により47歳で逝去。その高い技術と妥協を許さない仕事への姿勢は、多くのアニメーターに影響を与えたという。

スタジオジブリ全面協力のもと開催される同展では、『ルパン三世』『未来少年コナン』といった初期作品から、スタジオジブリ時代に手掛けた『火垂るの墓』や『魔女の宅急便』のイメージボード、『紅の豚』や『もののけ姫』などの原画、『耳をすませば』の絵コンテなど約600点を展示。さらに、1998年に刊行された近藤の画文集『ふとふり返ると』に収録された作品群の原画も公開される。