「『まちだ自慢』サポーター」の募集を開始

写真拡大

東京の町田市は2014年7月1日、市民と行政が協力し、市の魅力を一体的・継続的にアピールする「まちだシティプロモーション」の推進にあたり、市の魅力を積極的に発信してくれる「『まちだ自慢』サポーター」の募集を開始した。

「『まちだ自慢』オフィシャルウェブサイト」を開設

「まちだ自慢」サポーターとは、市の魅力を新たに発見しウェブサイト上で積極的に情報発信してくれる人のこと。市では情報発信方法のセミナー開催や投稿者の表彰などを通じてサポーターを育成し、情報発信力の強化を図る。8月下旬には、認定式の開催を予定しており、9月から活動をスタートする。

秋には「『まちだ自慢』オフィシャルウェブサイト」を開設。観光や暮らしなどの町田の魅力を紹介するほか、ぐるなびが運営する地域情報サイト「ぐるたび」の町田市専用ページにリンクし、サポーターによる町田に関する情報の投稿を促す。市は「市民が愛着を持って住み続けたいまち」「魅力に溢れ何度でも訪れたいまち」を目指したシティプロモーションに取り組んでおり、13年度に「『まちだ自慢』推進計画」を策定。今回の取り組みはこの一環で、サポーターには市民協働型シティプロモーションの原動力となることを期待しているという。

サポーターの任期は9月から17年3月まで。募集は17年7月31日までで、300人ほどを見込む。

応募は公式サイトなどから。