日本のジュニア世代が世界に挑戦…U−12サッカーワールドチャレンジ2014開催

写真拡大

 株式会社Amazing Sports Lab Japan及び公益財団法人東京都サッカー協会が、大和ライフネクスト株式会社の特別協賛の元、8月28日から8月31日までU−12サッカーワールドチャレンジ2014を開催することを発表した。

 本大会は、第一回大会の優勝チームであるバルセロナ、イタリアの名門ミラン、インドネシアの強豪アシオップ・アパチンティが招待され、Jリーグクラブ下部組織の、前回大会4強の柏レイソルU−12や、東京ヴェルディジュニアなどの、日本のチームが世界に挑戦するというスケールの大きい大会となっている。

 また、今大会は、「日本全国の子供たちに、欧州の強豪と対戦できる可能性を提供することにより、子供たちの健全な育成と、サッカーの普及・強化に寄与できる」との考えのもと、街クラブ枠を設定。東日本(北海道、東北、関東)、中日本(北信越、東海、関西)、西日本(中国、四国、九州・沖縄)の各地域から街クラブ枠として1チームずつ、合計3チームが抽選で選出され、本大会に参加できる。

▼ 大会日程
8 月 28 日(木) 予選リーグ :ヴェルディグラウンド
8 月 29 日(金) 予選リーグ :ヴェルディグラウンド
8 月 30 日(土) 準々決勝、順位決定戦 :ヴェルディグラウンド
8 月 31 日(日) 準決勝、三位決定戦、決勝:味の素フィールド西が丘

▼参加チーム
バルセロナ(スペイン)
ミラン(イタリア)
アシオップ・アパチンティ(インドネシア)
柏レイソルU−12
大宮アルディージャ・ジュニア
鹿島アントラーズ・ジュニア
東京ヴェルディ・ジュニア
川崎フロンターレU−12
セレッソ大阪U−12
ヴァンフォーレ甲府U−12
名古屋グランパスエイトU−12
横浜 F・マリノス・プライマリー
東京都U−12
街クラブ3チーム(抽選にて決定)