29日放送の情報番組「サンデーモーニング」(TBS系)で、野球評論家の張本勲氏がサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会の話題に、うんざりした様子をみせた。

この日の「週刊御意見番」ではまず、ザッケローニ監督の退任会見を取り上げた。張本氏は「スポーツ界の掟ですわね、責任者、監督がね、責任を取るというのは」とコメントし、「選手は今更ね、責められないけども」「私が見てたらね、目つきが違うよ南米の選手と」などと、今回のW杯についての印象を語っていた。

その後、対戦相手に噛みついて代表戦9試合の出場停止となった、ウルグアイのスアレス選手をVTRで紹介。これを見た張本氏は「これは喝でしょう」と、同日初めての喝を入れた。

そしてCM明け、決勝トーナメントについてサッカー解説者・中西哲生氏が解説していた最中に、張本氏は「悪いけど、もうサッカーの話はいいんじゃないの?」と突然横やりを入れる。

中西氏が苦笑いしながら「いやいや、ここからですから」と反論したが、張本氏は「なんぼでも聞きたいことがあるのに」と述べるなど、約15分にも及ぶサッカーの話題に不満を抱いている様子をみせた。

これを聞いた初出演のスポーツコメンテーターで元シドニー五輪代表・萩原智子氏は「喝です!」と、張本氏に喝を入れる。「僕、初めて張さんに喝入れる人見ましたよ」と驚く中西氏に張本氏も「私、もう二回目かな」と笑った。

その後サッカーの話題として最後に、中西氏が「ブラジル-コロンビアなんですけど」「すごい試合になると思いますよ」とコメントするも、張本氏はノーコメント。司会の関口宏が「張さんは、日本がいないんだからもういいんじゃないかと?」と尋ねると、張本氏は「そうそう、もういいんじゃないの?しばらく忘れましょうよ」とサッカーの話題を締めくくった。

【関連記事】
元サッカー日本代表メンバー藤田俊哉氏の「すぽると!」W杯現地レポートでカンペをガン見するシーンが映ってしまう
野球評論家・張本勲氏が、サッカー日本代表に厳しいコメント 「勝てないね。コロンビアは一桁でしょ、世界ランキング」「何で日本の人が監督やらないの?探せばいくらでもいるのに」
張本勲氏、テニス錦織圭の試合中マッサージに「スポーツ選手としたらね。私は醜態だと思うよ」