新型トレーで海の仲間が増えた

写真拡大

クラシエフーズ(東京都港区)は、子どもの豊かな創造力を育む商品として好評の知育菓子シリーズより、「海のグミ図鑑」を、全国のスーパーマーケット、ドラッグストア、コンビニエンスストアなどで2014年7月7日にリニューアル発売する。

「グミのもと」と「海洋のもと」でグミを作れる

「海のグミ図鑑」は昨年7月の発売以来、子どもたちに人気で好評を博している商品で、バンドウイルカやシャチ、シロナガスクジラなど従来のラインナップに加えて、今回新たにジンベエザメ、ペンギン、ウミガメ、ラッコなど、水族館で人気の生き物が作れる新型のトレーが用意された。

「海の生き物をかたどったトレー」に、まず同梱の「グミのもと」(粉末)を入れ、次に「海洋のもと」(粉末)を水に溶かした液を上からスポイトでたらすと、赤(グレープ味)と青(ソーダ味)の海の生き物のグミが出来上がる。ラッコのおなかにホタテをのせるなど、自由にアレンジすることもでき、グミを水族館の水槽が描かれた「図鑑シート」に並べて楽しんだ後は、おいしく食べられる。

「海の生き物トレー」5種類と「図鑑シート」4種類が用意され、どの組み合わせで入っているかは、開けてからのお楽しみとなる。また新しいデザインの「図鑑シート」には水族館の水槽が描かれており、4種類の「図鑑シート」を全てつなげて巨大な水槽を作ることもできる。

価格は150円(税抜)。