今週の日米首脳会談では、TPPに関する合意発表は見送られることになった。その最大の要因は日米間の主張の隔たりが大きい中で、米オバマ政権が「大統領貿易促進権限(TPA)」の復活に失敗、対日交渉で妥協すれば議会に否決されてしまうためだ。資料写真。Record China

TPP、日米事務レベル協議が再開

ざっくり言うと

  • 日米両政府は30日、TPP交渉の事務レベル協議を東京都内で再開した
  • 保護したい農産物重要5項目のうち、牛・豚肉関税の扱いなどで妥協点を探る
  • 米国は11月に議会の中間選挙を控えており、妥協は難しいとの見方が強い

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング