「ECOeyes」で、さらに節水と時短が可能に!(写真は、「ES‐TX940」)

シャープは、高い節水性能を実現し、光センサー機能「ECOeyes(エコアイズ)」を使うとさらに従来機種と比べて最大10%の節水と時短が可能となるプラズマクラスター洗濯乾燥機「ES‐TX940」と「ES‐TX840」の2機種を、2014年7月8日に発売する。

外側に余分な水を溜めずに洗濯できる独自の「穴なし槽」によって、少ない水でも洗濯できる「穴なしサイクロン洗浄」方式を採用。強力な巻き上げ水流によるこすり洗い効果で高い洗浄効果とクラス業界最高水準の節水性能を実現した。

また、新たに搭載した光センサー機能「ECOeyes」で、洗剤の種類(粉・液体)や洗濯水の汚れ具合を見分けて、最適なすすぎ回数を設ける。これにより、「ECOeyes」を使用すれば、さらに従来機種と比べて最大約10%の節水と時短が可能になる。

「ココロエンジン」が、すすぎ回数を減らすと「洗剤のすすぎやすさを判定、およそ7リットル節水できました」、少量の洗濯が続くと「まとめて洗えば電気代がお得になりますよ」といったエコにつながる洗濯の効果やヒントを知らせてくれるほか、自動で洗濯機内部にプラズマクラスターイオンを放出してカビ菌の繁殖を抑制する「プラズマクラスター槽クリーン」も搭載。槽を清潔に保ち、洗濯物をカビ菌から守る。

さらに、衣類をハンガーにかけたまま手軽に乾燥できる、好評の「ハンガードライ」に加えて、部分洗いなど濡れた場所だけを素早く乾かせる「スポット乾燥」を新たに搭載した。

「ES‐TX940」の容量は、洗濯9.0キログラム、乾燥が4.5キログラムで、色はゴールド系。「ES‐TX840」は洗濯8.0キログラム、乾燥が4.5キログラム。色はレッド系とシルバー系。

いずれも、オープン価格。