●大黄金

(画像:「暴れん坊力士!!松太郎」公式Webサイトより)
(C)ちばてつや/テレビ朝日・東映アニメーション

●キャスト
坂口松太郎(荒駒 松太郎):松平健
田中清(駒田中 清):塩屋浩三
南令子(坂口 令子、旧姓:南):水谷優子
西尾留次:島田敏
島田:二又一成
ツル子:千葉千恵巳
坂口 竹志:森下由樹子
百合:下地紫野
菊:美馬利恵子
梅夫:千葉千恵巳
雷神親方:青森伸
猪ノ川:稲田徹
竜の川:平井啓二
巌ノ国:檜山修之

●ストーリー
連載終了から16年…ちばてつやの“破天荒すぎる相撲漫画”『のたり松太郎』が、連載終了から16年にしてテレビアニメ化されます!
人並み外れた怪力を持つ、天衣無縫で暴れん坊の大男・坂口松太郎が相撲部屋に入門し、一人前の力士へと成長しながら、「相撲」という人生を築いていく“相撲ヒーローもの”です。
しかも、この作品は通常のヒーローものとはひと味もふた味も違います。
というのも、主人公の松太郎は「頑張る」、「目指す」、「夢見る」といった少年漫画の主人公に付き物の言葉とは無縁の男!
相撲部屋に入った理由は“好きな人のそばにいるため”、相撲を辞めない理由は“友達ができたから”。
誰よりも強いから、敵もいません。しかも、何があろうと、驚くほどすぐに立ち直ります…。
そう、松太郎にとって、一番の敵はその気ままな性格。
そのため、彼は行く先々で何度もトラブルに見舞われてしまうのです。
のたりのたりと、いばらの相撲道を歩んでいく、ありえない主人公――彼を中心にこの春の改編でよみがえる破天荒な相撲アニメ『暴れん坊力士!!松太郎』は、相撲ファンや原作をリアルタイムで読んだ世代のみならず、次世代の若者たちの心にがぶり寄ることでしょう!
●オープニング
雷神親方「何!自分の取り組みに懸賞金を付けろだと!」
坂口松太郎「いくら勝っても一銭にもならないんじゃやる気出ねえんだよ。」


典型的な「ごっちゃん力士」である松太郎は雷神親方に無茶なお願いをしますが、もちろん幕下の彼には無理。

※懸賞金は基本的に幕内以上のみ認められます。

不貞腐れる松太郎でしたが…。
●プロ野球選手に俺はなる!
部屋に戻ると、

坂口松太郎「何やってんだ?」
田中清「明日の取り組みでのイメージトレーニングだ。」


田中のしている事を「下らない」と一笑する松太郎。とりあえず、彼を外へ連れ出してキャッチボールに興じることに。

坂口松太郎「田中、相撲より野球の方が儲かるのか?」
田中清「おら、そんな事、わがんね!」


今からプロ野球選手を目指そうと考える松太郎ですが、彼の考えている契約金の使い道は、

憧れの南令子先生と共に回転寿司デート!

※発想が少々貧しいですね。

しかも、はずみでガラスを割って逃げ出す松太郎。
●大黄金
大黄金「坂口さんですか?」

やってきたのは明日、松太郎と対戦する大黄金。彼は金髪ながら日本人。彼の父が後援会会長をしているため、やりたい放題のボンボン。しかも彼の父は大手飲食チェーン会社の社長!

坂口松太郎「何、飯でも奢ってくれるの?」

そのまま大黄金にステーキを驕ってもらう松太郎。もちろん大黄金には話の裏がありそうですが…。

大黄金「もし今度の取り組みでうまくしてくれたら、パパが坂口さんにチェーン店の1軒くらいプレゼントするんじゃないかな?」

要は大黄金が松太郎に八百長を持ち掛けてきたのですが、これにまんまと引っかかってしまった様子。

その夜、上機嫌で雷神部屋に戻ってくる松太郎を見た田中は…。
●八百長破り
翌日の松太郎と大黄金の取り組み。松太郎も八百長に乗ってわざと負けようとするも、

謎の声「坂口く〜ん。」
坂口松太郎「俺を坂口くんと呼ぶのは令子!令子が見てるんじゃ負けるわけにはいかねえ!」

松太郎の強烈な一撃で大黄金は吹き飛ばされて重傷を負いますが…。

大黄金「坂口、話が違う!」

ところが、

大黄金の父「坂口くん、馬鹿息子を吹き飛ばしてくれてありがとう。こいつは今日で引退させる!」

※ちなみに先ほどの謎の声の主は、田中。実際の大相撲で八百長は絶対に禁止です。

「暴れん坊力士!!松太郎」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第10話「田中の初勝利」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第9話「相撲も釣りも一緒!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第8話「松太郎、狂乱の宴を開く!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第7話「松太郎の初土俵」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第6話「初台詞、田中清!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「暴れん坊力士!!松太郎」TVアニメ公式Webサイト