●九校戦編

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©佐島勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/魔法科高校製作委員会
<キャスト>
司波達也:中村悠一
司波深雪:早見沙織
千葉エリカ:内山夕実
西城レオンハルト:寺島拓篤
柴田美月:佐藤聡美
吉田幹比古:田丸篤志
光井ほのか:雨宮天
北山雫:巽悠衣子
渡辺摩利:井上麻里奈
服部刑部少丞範蔵:木村良平
十文字克人:諏訪部順一
七草真由美:花澤香菜
市原鈴音:中原麻衣
中条あずさ:小笠原早紀
九重 八雲:置鮎龍太郎
森崎駿:大原崇
壬生紗耶香:戸松遥
桐原武明:杉田智和
小野 遥:丹下桜
司 甲:加藤将之

●ストーリー
魔法。それが伝説や御伽話の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。
そして、春。
今年も新入生の季節が訪れた。
国立魔法大学付属第一高校―通称『魔法科高校』は、成績が優秀な『一科生』と、その一科生の補欠『二科生』で構成され、彼らはそれぞれ『花冠』(ブルーム)、『雑草』(ウィード)と呼ばれていた。
そんな魔法学校に、一組の血の繋がった兄妹が入学する。
兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウィード)。
妹は、全てが完全無欠な優等生(ブルーム)。
どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを寄せる優等生の妹。
二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。
●オープニング
スピードシューティングに出場する北山雫。司波達也の絶妙な調整が効いて絶好調の様子。なんとそのまま優勝した北山雫!

司波達也が開発した新種魔法、しかしながら実際に使用した北山雫の名前で登録する事に。

ここまでの九校戦、うまくいっているように思えましたが…。
●コスプレ大会?
バトルボード予選、前回渡辺摩利が事故により失格したため警戒していた光井ほのか。ところがスタート直後、水面に光を反射させてひるんだ隙に一足先へと出た光井ほのかの予選通過!

そんな状況を重く見た黒幕。どうやら九校戦を賭けの対象にしている連中のようですが…。

アイス・ピラーズ・ブレイク、ここでも北山雫が出場ですが…。

司波達也「雫、本当にその格好で出るのか?」
北山雫「規定では問題が無いから着なきゃ損でしょ!」

彼女は和服で出場!

※この競技では氷を魔法で破壊するのが目的。

意外とあっさり予選通過。そして司波深雪も巫女姿で出場!

一瞬で氷を全て破壊!

司波達也のエンジニアとしての技能の高さが評価される会で菅、その裏では…。

「魔法科高校の劣等生」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第12話「魔法干渉」(ネタばれ注意)
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第11話「九校戦開幕!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第10話「懇親会」(ネタばれ注意)
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第9話「飛行実験」(ネタばれ注意)
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第8話「能力を評価するということ」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「魔法科高校の劣等生」TVアニメ公式Webサイト
「魔法科高校の劣等生」AT-X公式Webサイト