写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドクターシーラボが運営する「顔のたるみ研究所」はこのほど、たるみの一種である「ゴルゴライン」に関するアンケートの調査結果を発表した。同調査は5月16日〜17日にインターネット上で実施。女性302名から回答を得た。

○表情筋を使わないとゴルゴラインができる!?

「ゴルゴライン」は、漫画「ゴルゴ13」の主人公、デューク東郷の顔(ほほ)にもある、目頭から頰の真ん中にかけてできるくぼんだ部分にあるラインで、「ミッドチークライン」とも呼ばれる、老け顔に見えるライン。目の下のクマと思われがちだが、実は"顔のたるみ"が原因でできるラインだという。ラインができる原因として同社は、「頰にある"表情筋"の衰え」「肌弾力の低下」「皮下脂肪の衰え・肥大化」を挙げている。

この「ゴルゴライン」(または「ミッドチークライン」)という、顔のたるみが原因で出現するラインのことを聞いたことがあるかを調査したところ、9割以上が「聞いたことがない」と答えた。

続いて「自分の顔に目頭から頰の中央にかけてできるラインがあるか」を聞いたところ、「ある」が14.9%、「おそらくある」が40.4%となり、ゴルゴラインである可能性が高いラインは過半数が持っていることがわかった。

「そのラインはいつ頃から気になり始めたのか」を聞いたところ、1位は「40代」の29.2%だった。また「ゴルゴライン」があると回答した人に、「どんなケアをしているか」を聞いたところ、50.6%が「化粧水やクリームを塗る」としたが、一方で「特に何もしていない」という人も36.0%にのぼった。

次いで「日常の行動としてあてはまるもの」を選択肢から選んでもらったところ、「PCを長時間使用することが多い」人が76.4%と多いことがわかった。

この結果について同社では、PCなど長時間画面を見る行為は無表情の状態が続くため表情筋が動かず血行やリンパの流れが悪くなることから栄養分が運ばれにくく、目の周りの筋肉が硬直して凝り固まった状態になると分析。表情筋が凝り固まると老廃物や水分が溜まり、むくみや脂肪がつく原因になるほか、PC画面を長時間使うことは目が疲れ、たるみだけではなく目の下のクマにもつながるとしている。

(エボル)