<アース・モンダミンカップ 最終日◇29日◇カメリアヒルズCC(6,516ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」の最終日。プロ5年目の酒井美紀がアン・ソンジュ(韓国)とのプレーオフを制し、悲願のツアー初優勝を挙げた。
スコア詳細速報で「アース・モンダミンカップ」を振り返る!
 この日酒井は首位タイからスタート、前半で3つ伸ばし単独首位に立った。後半はスコアを伸ばすことはできなかったが、2位と2打差の通算17アンダーで17番ホールを終える。そして迎えた最終18番。そのまま酒井が優勝かと思われた。ところが一組前でプレーする2位のアンが酒井の目の前で起死回生のイーグルを奪取、通算17アンダーで並びホールアウトした。その後酒井は18番をパーとしプレーオフ突入となった。
 プレーオフ1ホール目はともにパーで勝負はつかず次のホールへ。迎えた2ホール目。ここでアンがティショットをウォーターハザードに入れるトラブル。4打目でグリーンをとらえるが2パットでボギー。一方の酒井はティショットをフェアウェイに置くと2打目を刻み3オン。長いパット残すもきっちり2パットで決め、勝利をもぎ取った。
 2打差の通算15アンダー単独3位には全美貞(ジョン・ミジョン)(韓国)。続く通算14アンダーにはテレサ・ルー(台湾)。さらに通算13アンダー単独5位に大山志保がつけた。その他通算12アンダー6位タイには穴井詩と下川めぐみ。そしてキム・ナリ(韓国)、申ジエ(韓国)、井芹美保子の3人が通算11アンダーで8位タイとした。
 また、3日目45位タイと低迷していた森田理香子はこの日7バーディ・1ダブルボギーの“67”でラウンド、通算7アンダーまで伸ばし19位タイに順位を上げて今大会を終えた。昨日スコアを伸ばし24位タイからスタートした横峯さくらは今日は4バーディ・2ボギー・1ダブルボギーでスコアを伸ばせず通算5アンダー30位タイに後退した。 
【最終結果】
優勝:(-17)※プレーオフ
2位:(-17)
3位:全美貞(ジョン・ミジョン)(-15)
4位:テレサ・ルー(-13)
5位:大山志保(-13)
6位T:穴井詩(-12)
6位T:下川めぐみ(-12)
8位T:キム・ナリ(-11)
8位T:申ジエ(-11)
8位T:井芹美保子(-11)
19位T:森田理香子(-7)他5名
30位T:横峯さくら(-5)他6名
<ゴルフ情報ALBA.Net>