タクシー利用の機会が多い人は、「最近はいろいろな車種があるんだなァ」と思うのではないだろうか。しばらくタクシーの車種は事実上の“1車独占”状態にあったが、燃費効率や利用者のニーズに応える形で、さまざまな種類がお目見えしている。そして、6年後の東京五輪開催を控え、さらにドラスティックな変化を遂げる。

 数年前まで、東京都内を走る法人タクシーは「トヨタ・コンフォート」だけといっても過言ではなかった。

 現在のコンフォートが発売されたのは1995年。その2年前に日産がタクシー専用車として「クルー」を発売。それに対抗する形で開発されたのが小型車のコンフォートと中型車のクラウン・コンフォートだった。

 そして2009年にクルーが生産終了となったため、都内のタクシー会社でのコンフォートのシェアは、現在、82%を占める(都内のタクシー車の販売を手がける東京トヨペット調べ)。

 シェア拡大に寄与したのは、コンフォートが「タクシー運転手のニーズ」を徹底的に追求した車であったことが大きい。

「運転手の疲労を軽減するため、長距離トラックの運転席を参考にして座席の堅さやポジションを最適化しました」(東京トヨペットタクシー部の小野善昭氏)

 各運転装置の操作性の高さも特徴だ。クラウン・コンフォートの場合、最小回転半径(ハンドルを最大まで切った時に外側の前輪が描く円軌道の半径)は、同種の一般車より10cm短い5.1m。

 わずか10cmの違いだが、「狭い路地への進入やUターン、あるいは駐車スペースへの車庫入れなどでは、この違いによって取り回しが大きく違ってくる」(ベテラン運転手)という。

 また、乗降の機会が多いタクシーは頻繁にハザードランプを点灯させる。コンフォートではハザードスイッチをウインカースイッチと一体化し、運転手の操作が簡単になった。

 乗客の利用しやすさも大幅に改善。後部座席のドアは一般車より広く開くように設計され、ほぼ直角になる。トランクスペースも同種の一般車より大きい。

「開発当時からタクシー運転手の高齢化が進んでおり、荷物の積み下ろしの際に腰を痛めるという悩みが多かったのです。そこでトランクの開口位置を下げて、荷物を持ち上げる高さに配慮しました」(小野氏)

 何よりもタクシー会社から歓迎されたのは「丈夫で長持ち」という理由だ。東京ハイヤー・タクシー協会の広報委員長を務める、山三交通社長の秋山利裕氏が語る。

「リーズナブルな車体価格(180万〜250万円)に加え、耐久性に優れています。新車で6〜7年使用して、約80万kmは走行できる。地方では100万kmまで使っている会社も珍しくありません」

※週刊ポスト2014年7月4日号