和洋中アジアとバリエーション豊かなそうめん用つゆ

写真拡大

 2010年から続く猛暑が今年は途切れるかと思われていたが、やはり暑くなると予報が出た。暑さだけが理由でもないだろうが、数年前から「そうめん」への注目が高まっている。専門料理店が人気を集め、7月7日には日清食品から初めて「そうめん」を使用したカップラーメンが発売される。家庭料理としても和風だしのめんつゆ以外の食べ方が広まり、スーパーマーケットにはカレーやトマトクリームなど、様々な味のめんつゆが並んでいる。

 料理研究家の吉田三和子さんは、直径1ミリほどの細いパスタ、カッペリーニを使った夏向けレシピがさかんに紹介されたことをきっかけに「そうめん」の食べ方が拡大したのではとみている。

「5年ほど前にカッペリーニを使った冷製パスタを料理教室で初めて紹介したところ、後日、生徒さんから『そうめんでつくってもよいでしょうか』と質問されました。同じような細さの、似たようなもので代用しようと考えたのだと思いますが、今では最初からカッペリーニを『そうめん』でつくるレシピが当たり前のように数多くあります。カッペリーニをきっかけにして、今までとは違うそうめん料理がつくられるようになったと思います。

 専用パスタなどと比べると安価で、うどんに比べるとすぐにゆであがり手軽なのが『そうめん』です。もともと身近な食材ですが、具材をたくさん載せて食べる“ぶっかけ冷やしめん”の食べ方が広まり、飽きずに食べ続けられるようになりました。手軽でおいしく、食べやすいから『そうめん料理』が流行するのもわかります」

 そうめんの食べ方といえば、ボトル入りの濃縮めんつゆを薄めて使うのが約20年前から定番だった。ところが今では、様々な味つけを楽しめるレトルト入りのめんつゆが数多くある。

 たとえばイタリア料理風の「そうめんdeパスタ えびトマトクリーム」(キッコーマン)や「まんぷくそうめんつゆ こく旨カレー」(永谷園)、「サラダ涼麺つゆ」(カゴメ)は野菜を載せてドレッシングのようにめんつゆを使う。具材入りの「冷やしぶっかけ麺の素 さばつゆ」(ニッスイ)や「完熟栗かぼちゃの冷製かけつゆ」(ヤマキ)など、一昔前なら考えられなかったような味も並ぶ。

 食べ方の種類が広がり、なかには具材入りもあることから夏バテ対策にそうめんを利用する人もいるだろうが、そうめんだけでは栄養失調に陥ることがあるので要注意だ。

 ほとんど自炊しないが「めん」をゆでることだけはするという30代男性は、3年前の夏に体調を崩し病院へ行ったところ、栄養失調だと医師に告げられた。

「暑くてだるく、外食も面倒だったので何日もそうめんをゆでて食べるだけでした。何も食べないより三食とっているから大丈夫だと思っていたのですが、食事内容を思い返すと“そうめん”と“めんつゆ”だけ(笑)。それでは栄養失調になると医師に言われて、それ以来、惣菜や具材入りのめんつゆを買うなどして、そうめんだけにならないように気をつけています」

 栄養失調に至るのは極端な例だが、そうめんだけでは炭水化物しか採れないので夏バテに陥りやすい。野菜とたんぱく質を付け加えることを忘れないで欲しいと前出の吉田さんはいう。

「夏バテ対策に有効なビタミンB1を豊富に含む豚肉などをとりたいところですが、お肉を加えためんつゆを手作りする場合、そのまま冷やすと脂が白く固まり冷たいめんつゆには使いづらい。そういう面で具材入りのレトルトつゆは便利に使えると思います。さらにめんとつゆの味がからみやすい野菜、レンジでチンしたナスやブロッコリーなどをプラスしてあげると彩りも栄養もよくなります。

 そうめんには塩分が含まれていますので、そこだけ気をつければ、どんな食べ方にあわせても美味しくいただけますよ」

 最近では、少し太めで知られる徳島の半田そうめんが関東でも購入しやすくなり、オリーブやすだちなどの風味が加えられるなど、そうめんそのものの違いも気軽に楽しめるようになってきた。猛暑にはうんざりしているかもしれないが、のどごしよく美味しいそうめんを食べて、楽しい夏を過ごしたい。