夢をかなえてアルバムデビューも果たしたOL Singerたち

写真拡大 (全5枚)

 一般企業でOLをしながら、夢だった歌手デビューも果たす――。そんな二束のわらじを履いた女性たちが活躍中だ。

「日本の働く女性たちを元気にしたい」との趣旨からスタートした【OL Singerプロジェクト2014】は、第一興商が運営する通信カラオケと連動したSNSサイト「DAM★とも」を通じてエントリーしてきた歌手志望のOLを集めてオーディションを開催。毎月150名以上の応募があった中から、晴れて29人の“歌姫”が誕生した。

 驚くのは豪華なプロデューサー陣。MISIAをはじめ、AIや加藤ミリヤなど女性シンガーの音楽制作を数多く手掛ける与田春生氏のほか、竹内まりや、SMAPにも楽曲提供する清水信之氏、さらには東方神起、少女時代など著名なK―POPに携わる作家チームも加わっている。

 6月11日には13人のOLシンガーがそれぞれ歌うオリジナルソングを収録したコンピレーションアルバム「OL Singer’s 2014 volume.1」が発売された。

 気になる彼女たちの美声はYoutubeやOL Singerサイト、SNSなどでも配信しているのでチェックしてみてほしいが、「OLの“昼間の顔”も覗いてみたい」という人のために、数名を紹介しよう。

 Philiaさん(集合写真左から2番目)は、旅行会社のツーリストエキスパーツで国内・海外旅行の相談受付をしている。

「宿やチケットの手配など、お客様と旅行の行程を一緒に考える仕事はとても楽しいです。でも、自分に自信が持てなかったので、歌うことで自分が感じることや生き方を表現できたらいいなとオーディションを受けました」(Philiaさん)

 IT企業のキーウォーカーに勤務する佐野恵さん(OL歴10年)は、社内では法務部に属し、現場から依頼がくる契約書のチェックや審査の対応に追われる毎日だという。

「昨年転職したばかりなので、新しい仕事をこなしながら日々法律の勉強もしています。歌うことは大好きで『いつかステージに立ちたい』とボイストレーニングにも通っていたので、夢を諦めずにチャレンジしてよかったと思います」(佐野さん)

 岡田ゆにさんは、大手コンビニの店舗勤務。

「ソフトクリームやパフェなど店内調理のコールドデザートは日本一上手に作れる自信があります! 高校時代にガールズバンドを結成してから、歌手になる決意は揺らぎませんでした。将来はスナックのママ的な親しみのある身近な歌手になりたいです」(岡田さん)

 関美咲さん(集合写真一番右)のお勤めは、なんと霞が関の某官公庁。契約職員として福利厚生関係の手続きや出張手配など、経理・秘書業務に従事している。

「忙しい職場で空気が張り詰めることも多々ありますが、私はいつでも笑顔で明るい雰囲気を保とうと心掛けています。

『こういうところで仕事をするより、音楽の道に進んだら?』と職場の人たちからの後押しもあって歌手になることができました。でも、私は仕事が大好きなので、いつまでも続けられたらいいなと思っています」(関さん)

「会社に勤めながらちょっとしたスター気分を味わいたい!」という願望からオーディションを受けた人も多い同プロジェクト。だが、今回取材した彼女たちは、みな仕事も歌も全力投球。

 キレイな歌詞とメロディーを歌い上げる女性シンガーも格好いいけれど、豊富なOL体験を綴った少々生々しい歌も聴いてみたい気がする。

■撮影/山崎力夫(集合写真、茉奈さん、Philiaさん)