※イメージ画像:『AKB48 公式生写真 大島優子卒業コンサート in 味の素スタジアム HKT48ver.会場限定【植木南央】』

写真拡大

 AKB48の姉妹グループ「HKT48」のメンバーが、麻薬の原料として栽培が禁止されている“違法植物”に関連して警察から事情を聴かれていたことが判明し、ファンの間で話題になっている。といっても、違法な行為があったわけではないのだが、なぜアイドルグループのメンバーが警察沙汰に巻き込まれてしまったのか。

 この話題のメンバーは1期生メンバーの植木南央(16)。ダジャレが大好きで左ほほの片えくぼがチャームポイントの天真爛漫な美少女だ。件のエピソードが飛び出したのは26日の劇場公演中だった。

 MCでメンバーたちとの掛け合いをしていた植木は「去年の夏ごろの話なんですけど。コンクリートの道端から花が生えとって。わ!すごい!と思って、それを写真に撮って『ぐぐたす(Google+)』に上げたっちゃね。こんなとこから生えてたよ!みたいな」と切り出した。メンバーからは「あー、いい!」と無邪気な声が上がったが、植木は「そしたら、劇場に警察から電話がきたっちゃ」と衝撃発言。メンバーたちが「えっ!」と固まると、植木は「なんか、そのお花が違法な花だったみたいで…」と語って一同を驚かせた。

 警察から「場所を教えてください」と言われて植木は焦ったそうだが、彼女は写真を撮っただけなので問題行為とはみなされなかったという。だが、植木は良かれと思ってその植物に水をあげており、下手すれば「栽培」と判断されかねない要素もあったようだ。

 彼女のGoogle+を確認してみると、昨年5月16日に以下のような該当の書き込みが確認できる。

「また見つけたよ♪コンクリートと排水溝?のすき間で頑張って咲いてるピンクのお花。これ見たらね いつも 南央はお花からパワーをもらえるん。週末まで 雨降らんみたいやけん 水をかけてあげたけど 持ちこたえれるかな??このお花のように南央も頑張るけんねー」

 花の写真も掲載されており、その特徴から察するに法律で栽培が禁止されている「アツミゲシ(セティゲルム種)」だったようだ。コメント欄には「感動しました!」「水をあげた南央ちゃん優しい」「僕もこの花のように頑張ります!」などといった書き込みが並んでおり、ファンもまさか違法種だったとは思わなかったようである。

 警察官が植木の書き込みをチェックしていたのか、気付いたファンが警察に連絡したのかは不明だが、たまたま目にした「応援したくなる花」が違法種だったという奇跡的なめぐり合わせと植木の天然ぶりが炸裂したエピソードといえるだろう。彼女にとってみれば日常のささやかな感動をファンと分かち合おうとしただけなのに、とんだ災難となってしまったようだ。

 欧州・アフリカが原産のアツミゲシは、60年代に日本で自生しているのが初めて発見され、当局が駆除を繰り返しているものの、雑草レベルの強い繁殖力が災いして現在に至るまで根絶できず、それどころか街なかの駐車場や空き地、道路の中央分離帯などでも見つかるほど全国各地に定着している。アツミゲシの実を食べた渡り鳥の糞を通じて種子がバラ撒かれたり、海外製の肥料に種子が混入しているケースなど、どれだけ駆除しても侵入ルートがいくらでもあるためだ。

 アツミゲシは他のケシと同様、モルヒネやアヘンの原料になる。そのため法律で栽培が禁止されているのだが、アヘン成分を含んだ「ケシ坊主」が非常に小さく、他のケシと比べて成分抽出が非常に非効率的。海外ではほとんど規制すらされておらず、アツミゲシから麻薬を作ったという事例も報告されていない。

 いわば麻薬の製造に使われる可能性はほとんどないのだが、日本の法律では禁止されてしまっているため、警察も見過ごすことができなかったのだろう。

 似たような騒動としては、元プロ野球選手でタレントの板東英二の「ケシ栽培疑惑」がある。現役時代、板東が娘とともに自宅の庭先でくつろいでいる写真がスポーツ紙に掲載された。程なく、複数の警察官が板東の自宅を訪問。板東の自宅の庭にケシが自生しており、それが写真にバッチリ写ってしまっていたからだ。板東はケシと知らずに育てていたといい、警察がケシの花を抜いていっただけで事なきを得たという。

 これらの例に限らず、一般でも園芸店が間違って販売してしまったり、自宅や山に自生したケシや大麻草を知らずに育てていたために警察沙汰に発展するケース等が多々ある。違法と知って栽培するのは論外だが、全く意識していない人でも巻き込まれてしまう可能性があるだけに注意が必要だ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)