岡田トシオ役の濱田岳 原作/島本和彦「アオイホノオ」(小学館「ゲッサン」連載中) ©島本和彦・小学館/「アオイホノオ」製作委員会

写真拡大

7月18日からテレビ東京系で放送される島本和彦原作の連続ドラマ『アオイホノオ』の追加キャストとビジュアルが公開された。

【もっと写真を見る】

漫画誌『ゲッサン』に連載中の同名漫画が原作の同作は、1980年代のクリエイター志望の若者たちが織り成す群像劇を、島本本人や実在の友人、ライバルたちをモデルに描く作品。主人公の焔モユル役を柳楽優弥、焔が想いを寄せるヒロイン・森永とんこ役を山本美月が演じるほか、安田顕、ムロツヨシ、中村倫也らがキャストに名を連ねている。監督・脚本を、『勇者ヨシヒコ』シリーズなどで知られ、自らの演出方法を「島本メソッド」と呼ぶなど、島本作品から影響を受けているという福田雄一が手掛けている。

今回出演が明らかになったキャストは、豪邸に住んで大学にも行かず、SF小説に囲まれて暮らしている男・岡田トシオを演じる濱田岳と、学生が作った映像作品『ワンダーマスミ』で主人公を演じ、焔に「いつかあんな女性を撮影したい...」と思わせる美人女性・凩マスミを演じる小嶋陽菜。

福田監督は、濱田の起用について「岳君は、フジの月9と大河をやっていてスケジュールが厳しかったのですが、絶対に岳君じゃないと嫌だと話をして、なんとかスケジュールをもらって岡田さんを演じてもらいました。実際に現場での演技を見てですか...?やっぱり『馬鹿な坊ちゃん』役に見事にハマった!と思いました(笑)」とコメント。

小嶋については、「マスミ役を誰にやってほしいかと考えた時に、ポイントは、この『ワンダーマスミ』という作品が本当にくだらない作品でゆるゆるの作品だということだと思ったんです。このぐずぐずのヒロインを誰をやったら面白いかなというところを考えまして、こじはるかなと(笑)」「こじはるには悪いですが、ヒロインを喰わない程度の中途半端な美人が来たなという意味で、ドラマ的には絶妙なキャスティングだったなと思っています(笑)!」と語っている。