左から、「あらびきソーセージ」と「あらびきチョリソーソーセージ」

写真拡大

Pasco(敷島製パン、名古屋市)は、主力の総菜パン「あらびきソーセージ」「あらびきチョリソーソーセージ」を、東北、関東、中部、近畿、中国、四国地区で2014年7月1日にリニューアル発売する。

一口目からソーセージを楽しめる

「あらびきソーセージ」は、ソーセージのおいしさにこだわった商品で、08年の発売以来、売上規模が発売時の3倍にまで拡大している人気商品だ。11年には姉妹品「あらびきチョリソーソーセージ」も発売、シリーズとして展開している。

今回のリニューアルでは、素材を3種類の豚の掛け合わせである「三元豚(さんげんとん)」に変更した他、パンについても、パサつきを抑えたふんわりしたものに変更している。

一口目からソーセージを楽しめるロングサイズやあらびき感など、これまで支持されてきたソーセージの従来の製法は変わっていない。またパッケージは、商品名表示を従来品より大きくし、売り場での視認性を高めたという。

価格はオープン。