●収束法(ルール・ナンバー・10)

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
© 2014 榎宮祐・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/ノーゲーム・ノーライフ全権代理委員会
<キャスト>
空(そら):松岡禎丞
白(しろ):茅野愛衣
ステファニー・ドーラ:日笠陽子
ジブリール:田村ゆかり
クラミー・ツェル:井口裕香
フィール・ニルヴァレン:能登麻美子
初瀬いづな:沢城みゆき
初瀬いの:麦人
巫女:進藤尚美
テト:釘宮理恵

●ストーリー
ニートでヒキコモリ……だがネット上では『   』くうはくの名で無敗を誇る天才ゲーマー兄妹・空と白。ただの都市伝説とまで言われるほどの常識外れな腕前を持った空と白の前に、ある日“神”と名乗る少年・テトが現れる。
テトはリアルをクソゲーと呼ぶ空と白の二人を異世界へと召喚してしまう。そこは一切の争いが禁じられ、全てがゲームで決まる世界だった!
異世界に住まう十六の種族の中で最弱の人類種イマニティ。多種族に国土の大部分を奪われ、滅亡寸前に追い込まれている人類種を救うため、空と白は空前絶後の頭脳バトルに挑む!
●オープニング
空「なあ、いづなさぁ。」
初瀬いづな「何だ、です。」
空「最後にゲームを楽しいと感じたのは、いつ?」


空の意味深な台詞に動揺する初瀬いづな。

初瀬いづな「面白え、です。」
●全て白の計算した通り。
ガンシューティングゲームもいよいよ大詰め!

特殊能力を解放して全身が真っ赤になる初瀬いづな。

白「計算出来ない。」

初瀬いづなのチートを利用した物理限界を超える圧倒的な能力差に窮地に追い込まれる空と白。

空「兄ちゃんのブラフとハッタリに任せろ!」

ところが初瀬いづなの弾丸は途中で2つに分かれ、空と白の頭部に直撃します。

初瀬いづな「はぁはぁ!勝った…、勝った!です。」

初瀬いづなの勝利と思いきや、彼女の背後から弾丸が!

ステファニー・ドーラ「空、白、これで良いですの?眼を開けてもいいですの?」

ステファニー・ドーラはNPC(ノン・プレイヤー・キャラクター)の女の子に乗り、目を閉じながら射撃したうえで、初瀬いづなを射抜いたのです。

※全て白の計算した通り。

空「ゲームには究極的には2つしか行動が無い。」
白「戦術的行動と対処的行動。」


これによってエルキアの勝利!
●コイントス
初瀬いづな「私のせいで東部連合が…。」
白「でもいづな、笑ってた。」

初瀬いづなの笑顔、それは彼女がゲームを楽しいと思ったから。ところで今回の件で東部連合はどうなったかと言えば、実はエルキアに東部連合が統合されても大きな影響は無し。それは大陸から目ぼしい資源を各地の島へ分散させていたから。

巫女「やってくれたなハゲザル!でも、あてはそれも読んでいたよ。」

そして、エルキアと東部連合は残りの資源を賭けて勝負。ゲームはコイントス。表か裏で賭ける勝負ですが…。

コイントスの結果は直立!引き分け!

空「これは両方勝ちか両方負けか、困ったな〜!」

これは空の猿芝居。わざと引き分けにしたのです。

※これによって東部連合はエルキア連邦となるも獣人種の権利は保障される事に!

空「だって獣耳娘がいっぱいいる東部連合を滅ぼすわけないじゃん!」
●【十】みんななかよくプレイしましょう
空「テトに勝つ!」
巫女「神に勝つということかの?」

実は十の盟約の中に絶対遵守とは言えないものが入っている事に空と白は気付いているのです。

「【十】みんななかよくプレイしましょう」

これは各種族を滅亡させる事を意味しているのでは無く、各種族とも仲良くしていく事が神への挑戦権になっている事を意味しているのです。

空「巫女って事はいるんだろ!神が!」

巫女はかつての神(オールド・デウス)を呼び出しますが…。

空、白「さあ、ゲームをはじめよう!」

「ノーゲーム・ノーライフ」、今回で終了です。

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第11話「白、敵になる!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第10話「自己紹介」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第9話「空の復活」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第8話「空の消滅」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第7話「違和感」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「ノーゲーム・ノーライフ」TVアニメ公式Webサイト
「ノーゲーム・ノーライフ」AT-X公式Webサイト
「ノーゲーム・ノーライフ」テレビアニメ化記念SP 「ノゲ杯☆最強ゲーマー決定戦」