コーエン兄弟新作にスター続々、クルーニーやチャニングらが出演へ。

写真拡大

チャニング・テイタム、ティルダ・スウィントン、レイフ・ファインズらが、コーエン兄弟の新作「ヘイル・シーザー!」に出演するようだ。

1950代が舞台のこの新作コメディで、すでに出演が取り沙汰されていたジョージ・クルーニーとジョシュ・ブローリンに続いて、またもやハリウッドの超豪華スターたちが参加することになる。この新作はハリウッドの黄金時代の舞台裏で、俳優のキャストを決定する黒幕として活躍するエディ・マニックスを描いた作品だ。

ザ・ハリウッド・リポーターによるとチャニングがジーン・ケリーのようなタイプのスターに扮し、レイフが劇場監督ローレンス・ローレンツ役、ティルダがゴシップ記事の記者役をそれぞれ演じるという。

ジョエル・コーエンとイーサン・コーエンが監督兼プロデュースを担当する本作は、ワーキング・タイトル・フィルムズのエリック・フェルナーとティム・ビーヴァンがタッグを組んで、2人の製作会社マイク・ゾス・プロダクションを通して製作し、ユニバーサル・ピクチャーズが全世界での配給権を獲得している。

そんなチャニングは現在引く手あまたの状態で「フォックスキャッチャー」と「ジュピター」の公開を控えているほか、「22ジャンプストリート」が現在大ヒット中。一方、レイフはロシア映画「メスヤッツ・V ・デレーネ」の撮影を終えたばかりで、ティルダは現在コメディ「トレインレック」の撮影中だ。