約5人に4人が1枚以上のクレジットカードを持つ時代!うち8割が毎月利用している

写真拡大

スマートフォンやタブレット端末によるクレジットカード決済サービス「Coiney(コイニー)」を展開するコイニーは、30代から60代の男女500人にクレジットカードの利用に関する調査を実施した。

全体の約8割近くがクレジットカードを保有し、うち、毎月利用している人は8割近くいることがわかった。また、月に1回以上利用する人が主に利用しているブランドは「VISA」が75%と高く、続いて「JCB」(47.6%)「Master」(30.5%)となった。クレジットカードを利用する理由としては、「ポイントやマイルを貯めたいから」が約7割と圧倒的に多かった。利用シーンは「オンラインショッピング」が多く、次いで「公共料金・携帯電話」であった。

また、利用金額については「いくらでもあっても使う」と46.6%が答えており、少額決済でも利用意向が高いことがわかった。クレジットカード決済が使えると良い業種やシーンについては、観光地での利用が最も期待されており、逆に回答者が訪れた観光先で使えるシーンが限られていたという要因が伺える。「クレジットカードが使える店と使えない店のどちらを選ぶか」については6割近くの方が利用可能な店を選び、カード対応の可否が選択基準の要素の一つとなっていることがわかった。