岡崎「考えがまとまらない」 柿谷「下を向いて帰る必要ない」

写真拡大

 1分2敗でグループリーグ敗退が決まったコロンビア戦(1-4)から一夜明けた25日(日本時間26日未明)、日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督がベースキャンプ地のイトゥで記者会見を行い、日本代表監督を退任する意向を明らかにした。選手たちも報道陣の取材に応じ、一様にショックを隠し切れない様子だった。

●FW岡崎慎司

「今は何も考えられない。4年後といってもピンと来ない。勝ちたかったんだなと、あらためて思った。初戦のあとに『勝たなくてよかった』って言ったけど、そういうのもそうだし、やっぱり初戦は大事だなと。どうしたら勝てたんだろうと。その答えは見つかっていない。自分に何ができて、何ができないのか。この4年間で分かっていたつもりだったけど、4年後を考えたとき、その壁は大きいなと。今は考えがまとまらない」

●FW柿谷曜一朗

―控えという立場だったが?

「どう切り替えて、どうチームに貢献するか。やるべきことはいっぱいあったし、全員がそういう意識でやっていた。全員が一つになっていたし、こうやってこの地を去るのはさみしい。今後、自分の新たな目標にしていかないといけない部分、強くならないといけない部分が明確になった。負けたからといって、下を向いて帰る必要はない。日本を代表して戦ったことを誇りに思っていると、自分に言い聞かせている」

(取材・文 西山紘平)