川島「気持ちの整理が難しい」 今野「泣きたくなる気持ち」

写真拡大

 1分2敗でグループリーグ敗退が決まったコロンビア戦(1-4)から一夜明けた25日(日本時間26日未明)、日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督がベースキャンプ地のイトゥで記者会見を行い、日本代表監督を退任する意向を明らかにした。選手たちも報道陣の取材に応じ、一様にショックを隠し切れない様子だった。

●GK川島永嗣

「今、考えても、なかなか言葉も出てこないし、自分たち自身が結果を残せなかったことに対して、応援してくれたすべての人に申し訳ない気持ちでいっぱいで、なかなか気持ちの整理が難しい」

―監督が退任を表明したが?

「この4年間、監督と一緒にやらせてもらって、最後の最後にピッチの上で表現できなかったのは自分たち。結果を見れば残念な結果だけど、監督が自分たちに与えてきてくれた4年間の中で、確実に4年前にやっていた守備的なサッカーから攻撃的なところにシフトして、積み重ねてきたものがあると思う」

―監督から話を聞いたときはどんな思いだった?

「自分たち自身が監督のやりたかったことを表現できず、残念な気持ちでいっぱい。最後の最後にピッチの上で表現したかった」

●DF今野泰幸

―監督が退任を表明したが?

「ザッケローニ監督になって、いいときも悪いときも経験したし、うれしかったこと、つらかったことはたくさんあった。いろんなことが思い出された。チームとして結果を出せなかったし、自分のパフォーマンスでもまったくもっていいところを出せなかった。本当に泣きたくなる気持ちがめちゃくちゃある」

―次の4年間のことを考えられる?

「正直、全然。岡田さんのときも大会(南アフリカW杯)が終わって、僕の代表は終わりだという気持ちだった。大会が終わると、脱力感に襲われる。次の代表のことはまったく考えられない」

(取材・文 西山紘平)