写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●制作費は前回の約5倍に膨れ上がるも、スポンサー&来場者の増加から赤字は減少ドワンゴは25日、東京・六本木のニコファーレにて発表会を開催し、「ニコニコ超会議3」の赤字額が7,039万3,314円になったことを発表した。また、「ニコニコ町会議」や「ニコニコ23時間テレビ」、「将棋電王戦リベンジマッチ 菅井竜也五段vs習甦」など、7月から9月にかけて開催するニコニコ関連のイベントについても同時に発表している。

盛りだくさんとなった今回の発表内容をまとめていこう。

まずは「ニコニコ超会議」の赤字額だ。冒頭で述べた通り、最終赤字額は7,039万3,314円。初回は約4億6千万円、2回目は約8,600万円の赤字額だったことを考えると、赤字金額は順調に減少しているといえる。スポンサー企業が増加したことや、来場者が12万人以上と前回を大幅に上回ったことが赤字改善の理由だという。ただし、大相撲やしんかい6500、アパッチ・ロングボウといった費用のかかる展示を行ったことから、制作費も前回の約5倍に膨れ上がっているとのことだ。

○今年も開催されるニコニコ町会議

続いては「ニコニコ町会議」について。

「ニコニコ町会議」は「ニコニコ超会議」の「超」と「町」が同じ読み方であるという、ニコニコらしいゆるいダジャレからスタートしたツアーだ。コンセプトは「ニコニコ超会議の地方版」で、全国の町村をニコニコカーで回り、その土地の夏祭りと併催する形で開催する。ツアーは2012年から開催しており、今年で3回目。昨年の総来場者数は約185,000人となり、町興しの一貫として各地で好意的に受け止められていた。

今年の開催地とスケジュール、併催する夏祭りは下記の通り。

7月19日(土):長野県 須坂市「須坂カッタカタ祭り」7月27日(土):宮崎県 西都市「西都夏まつり」8月3日 (土):愛媛県 宇和島市「宇和島ハワイアンフェスティバル」8月9日 (土):福井県 あわら市「あわら湯かけ祭り」8月16日(土):宮城県 富谷町「おもしぇがらきてけさin富谷」8月24日(土):兵庫県 新温泉町 「湯村の火祭り」8月30日(土):山口県 豊北町 「豊北夏祭り」9月7日 (土):秋田県 仙北市角舘町「角舘祭りのやま行事」 9月20日(土):REVENGE FINAL東京都 檜原村「ニコニコ檜原祭り」(東京のみニコニコ町会議単独での開催となる)

このうち、山口県豊北町の「豊北夏祭り」以降の3カ所は、昨年開催する予定だったが、台風で中止になってしまった場所。ニコニコ運営はこれらの場所について「必ず帰ってきます」と宣言しており、約束を果たした形となった。

そんな「ニコニコ町会議」ではどんな企画が催されるのか。

●町会議は「町お一人様カラオケ」「町VOCANICO」「ゲーム実況」などの企画を展開まずはニコニコ超会議3でも行われた「まるなげひろば」だ。これはニコニコで活躍する「作ってみた」系ユーザーによる展示、販売などを行うエリアで、その名の通り何をするかはユーザーに"丸投げ"される。

また、新たに「まちのひと出店」なるエリアも設けられる。こちらは地元民が特産品の販売や物販などを行う、地元版まるなげひろばだ。

このほか、超会議で人気だったお一人様カラオケを「町お一人様カラオケ」として設置し、クライマックスにはやぐらを組んで「町VOCANICO」を開催。町のど自慢や射的、町神社、町踊ってみた、似顔絵、繚乱たこ焼きなどの人気ブース・イベントも昨年に引き続き楽しめる。

人気コンテンツの「ゲーム実況」や「ドグマチャレンジ」は、昨年よりもパワーアップ。「ゲーム実況」のタイトルにスマホゲームの「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」が加わる他、ドグマチャレンジには新しく人気ニコニコユーザーの千野ちゃんが参加して「千野チャレンジ」が行われる。

MCはドグマ風見、百花繚乱、千野ちゃんの3名だが、今年はラジオパーソナリティのやまだひさしも参戦。さらに地元のニコニコユーザーからもMCを募集するという。応募の詳細は公式サイトを参照してほしい。なお、最終開催地の檜原村には、小林幸子が"降臨"するという。

ニコニコ町会議で全国を回るための移動手段、ニコニコカーも今年からリニューアル。スズキがスポンサーとなり、ハスラーを5台提供。たこ焼きカーや射的カー、似顔絵カーなど、5台それぞれが違う役割を担う。スズキはこのためにハスラーのニコニコ版CMを制作するという気合いの入れようだ。CMが流れると、発表会に集まったニコニコユーザーからは驚きの声が上がっていた。

そんな町会議の開催地となる10カ所からは代表者が集まり、ゆるキャラや着ぐるみ、歌や踊りなど思い思いのパフォーマンスでニコニコユーザーに地元をアピールしていた。

●いろんな意味で大丈夫か、「ニコニコ23時間テレビ」に久本雅美や新垣隆の出演○久本雅美がまさかの出演! ニコニコ23時間テレビ放送決定

続いての夏のイベントは、23時間テレビ。23時間ぶっ通しで数々の企画を行っていくニコニコ生放送の公式番組だ。キー局が行っている類似タイトルの番組とはまったく関係ないが、ネットの利点を活かして「テレビではできないこと」を積極的にやっていく番組になるという。

その第一弾として発表されたのが、久本雅美の出演だ。ニコニコユーザー的には「まさか」という思いだろう。久本雅美の出演が発表された瞬間、会場もニコ生のコメントもざわめきが起こっていた。一体どんなトークや企画を見せてくれるのだろうか。

23時間テレビにおけるスペシャルゲストは久本雅美だけではない。佐村河内守氏のゴーストライター騒動で一躍有名になった作曲家の新垣隆氏も登場する。今回、新垣氏は週刊文春から依頼を受けて楽曲を制作。完成した曲を23時間テレビで初披露するという企画だ。楽曲は週刊文春のテーマ曲として使用されるとのことで、曲名は「交響曲HARIKOMI」に決定しているという。

このほかにも、23時間テレビではさまざまな企画が催される。詳細は今後、追って発表となる。

○週刊文春がニコニコユーザーから情報を募る「文春リークス」をスタート

先日、有料でブロマガをスタートした週刊文春だが、7月3日からは新たに「文春リークス」という企画をスタートする。これはニコニコユーザーからスクープのタレコミを受け付けるというもので、普段の生活で目撃した事件などスクープ性の高い情報を求めているという。

TwitterやFacebookが日常生活に浸透した現在では、一般人が撮影してアップした写真や動画がもっとも速い一次情報として、テレビなどのニュースに使われることも増えてきている。文春リークスはこれをリークという形で、正式に情報源として採用する試みだ。

もちろん情報源は必ず秘匿されるほか、採用されたスクープはウェブ版だけでなく、紙版の誌面にも掲載されるという。週刊文春が求めている情報の例としては「ブラック企業の内情」や「有名人に関する疑惑」「事件、事故、自然災害などの情報」などさまざまだ。

○「将棋電王戦リベンジマッチ」が23時間テレビと同日に開催

最後は将棋のプロ棋士とコンピュータが真剣勝負する「電王戦」のリベンジマッチ、「菅井竜也五段vs習甦」の放送だ。菅井五段は以前の電王戦で習甦に敗れており、今回はそのリベンジを果たすための対局となる。

前述の23時間テレビとの連動企画ということで、持ち時間は5時間から8時間に増加。その代わり、決着がつくまで夜通し対局するという厳しい戦いだ。疲れ知らずのコンピュータが勝利するのか、思考する時間が増えたプロ棋士が意地を見せるのか。将棋ファンならずとも見逃せない一戦になりそうだ。

町会議、23時間テレビ、将棋電王戦――今年もまた、ニコニコ動画の熱い夏がやってきた。

(山田井ユウキ)