タイガー・ウッズ、丸山茂樹らがホワイトハウスを訪問した(Photo by Stan BadzPGA TOUR)

写真拡大

 2013年に開催された米国選抜と世界選抜(欧州除く)の対抗戦「ザ・プレジデンツカップ」に参加した選手たちが24日(火)、ホワイトハウスのバラク・オバマ大統領を訪問したことが報じられた。
タイガー・ウッズ、松山英樹など米国男子ツアーフォトギャラリー
 これは25日(水)、米国PGAツアー公式サイトに掲載されたもので、訪問者の中には今週の「クイッケン・ローンズ・ナショナル」でツアー復帰を果たすタイガー・ウッズ(米国)や世界選抜の副主将を務めた丸山茂樹の姿もあった。
 オバマ大統領は「ザ・プレジデンツカップ」のメンバーたちと15分ほど時間を共にすると、ホワイトハウス内のイーストルームに詰めかけた約100人の観衆たちの前へ。そこでは選手たちとの会話や選手たちが個々に行っている慈善活動などについて語られ、昨年の選手の任意でのチャリティ収益が500万ドルにまで上ったことが明かされた。
 尚、26日(木)に開幕する「クイッケン・ローンズ・ナショナル」で、ウッズはジェイソン・デイ(オーストラリア)、ジョーダン・スピース(米国)というこの日の訪問に参加したメンバーと同組にペアリングされた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>