写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で、昨夏初めて登場したシューティング型サバイバルホラー・アトラクションをパワーアップし、8月8日〜11月9日に『バイオハザード・ザ・リアル2』を開催することがこのほど、明らかになった。

『バイオハザード・ザ・リアル2』は、ゲームや映画などで人気の『バイオハザード』シリーズをテーマに、四方から襲い来るゾンビをショットガンで撃ち進むアトラクション。昨夏、"生還率0.002%の超高難易度"で話題となった恐怖のアトラクションが、進化を遂げて帰ってくる。

今年は、重量1,500g、長さ64cmの本格的なショットガンを初導入し、ゾンビの遭遇率も激増する。さらに、ウイルス感染度を下げる回復アイテム"ハーブ"が初登場。ゲストは、"ハーブ"を探しながら、襲い来るゾンビを銃撃して前に進む。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン