志茂田景樹氏の息子・下田大気氏

写真拡大

 不況の折でも、知恵と工夫で稼げることを実証するのが、直木賞作家・志茂田景樹氏の息子・下田大気氏だ。高校時代に芸能界入りするも挫折、実業家や芸能事務所の経営に手を出すがうまくいかず、2009年10月にタクシー運転手として再出発した下田氏。すると入社1か月で営業収入は300人中トップに、3か月目からはなんと月100万円を稼ぎ出す快挙を成し遂げた。下田氏にその秘訣を聞いた。

 * * *
 タクシー運転手がお客さんを捕まえる手段は、「無線配車」、「流し」、特定の場所でお客を待つ「付け待ち」の3つ。この中から自分の得意パターンを見出すことが大切です。

 僕は昔から夜遊び組でタクシーを頻繁に利用していたので、人が多い乗車ポイントを知っていた。ですから「付け待ち」が得意戦法だったのです。

 自分だけが知る乗車ポイントを50か所ほど頭にインプットしていましたから、時間帯によってポイントをリズムにのって移動し、その途中の「流し」でお客を拾っていました。限られた時間で成果を出すには、いかに空車時間を減らすかに尽きます。

 それから、曜日によって苦手な日を作らない。誰でも金曜夜は稼げることは知っているので、金曜に働いて土日は休むシフトがいいに決まっています。しかし、会社は運転手が公平になるようにシフトを組むので、土日は嫌だとはいってられない。

 曜日ごとの傾向を分析するのに役立つのが業務日誌です。読み込むといろいろなことが見えてくる。

 例えば、土曜朝の新宿歌舞伎町は鉄板です。「眠らない街」の朝帰り客が狙える。これが平日だと郊外に送った後、主戦場の都心に戻るのに渋滞に巻きこまれるので、得策ではない。

 日曜日だと、行楽帰りのファミリー層が「疲れたし、タクシーで帰ろう」と利用してくれるので、すぐに都心に戻らず、郊外の駅の付け待ちを狙います。こうしたデータを蓄積するかどうかで、稼ぎが変わってくるんです。

 傾向を掴むと、休憩時間の取り方も変わってきました。1勤務で3時間は休憩を取るように定められているので、多くのドライバーは昼飯と晩飯で合わせて3時間休みます。ですが、もう少し効率化する方法があります。

 僕は業務日誌を見て「平日の午後9時から11時は圧倒的に乗客が少ない」ということに気づきました。飲んでいる最中か電車で帰宅途中ですから当然です。休憩するなら3時間のうち2時間分をこの時間帯に休憩すると効率がいい。

 タクシー運転手は収入が低いといわれるが、知恵を絞って頑張れば必ず報われるやりがいのある仕事です。

 それに、基本的な勤務形態が週3勤務なので自由な時間を持てる。タクシー業界には僕のように事業で躓いた人やリストラされた人も大勢います。そんな人が捲土重来を期すにあたって、新たなビジネスの準備をしながら日々の収入を得ることができるのも魅力です。

 運転手がどんどん高齢化していますが、20〜30代の若い世代の子にもチャレンジしてほしい。タクシーは本当に夢のある仕事ですよ。

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2014年7月14日号