ブログでザックへの思いを綴る長谷部「日本を愛してくれた」

写真拡大

 日本代表は24日、グループリーグ第3戦でコロンビア戦と対戦し、1-4で敗れた。最終成績は1分2敗、勝ち点1のC組最下位でブラジルW杯の戦いを終えた。

 ザックジャパンのキャプテンを務めたMF長谷部誠は試合後に「自分たちの力不足です。それ以上でもそれ以下でもないです」と話すと、「結果がすべての世界なので。この大会のために4年間やってきて結果が出なかったので、キャプテンとして非常に責任を重く感じています」と続けていた。

 試合後に更新した自身のブログで、改めてW杯を振り返っている。「ブラジルW杯、グループリーグ敗退という結果に終わりました」と冒頭で綴った長谷部は、「何から書いたら良いのか、何を皆さんに伝えたいのか、なかなか整理出来ずにいます」と敗戦直後の心境を記しながらも、「まずは、日本代表に期待し最後まで諦めずに信じ応援して下さり本当にありがとうございました。そしてその思いに応える事が出来なくて本当に申し訳ありません。主将として責任を強く感じています」と感謝の気持ちを伝えつつ、謝罪の言葉も口にしている。

 そして「結果が出なかった時に監督や選手が批判される事は当然の事と思います。しかし、四年前に言葉も文化も全く異なる国に来て、日本という国・日本人の心を理解しようと努力し、その心や文化を尊重し日本を愛してくれた素晴らしい人間性をもった方であった事は、日本人として忘れないでいて欲しいです」と退任が発表されたばかりのアルベルト・ザッケローニ監督への思いも記した。

 コロンビア戦後には何年も流していなかった涙が自然と流れてきたという長谷部は、「30歳にもなって人前で涙を流す事は恥ずかしくもありますので、どうにか耐えようとしました。でも無理でした」と自身が今大会にそれだけの情熱を注いでいたことを実感すると、「こんな思いは人生の中でそんな多く訪れるものではありません」と続けている。

 最後に「そんな気持ちにさせてくれたサッカー、そして日本代表チームに感謝して、これからのサッカー人生を歩んでいきます」と主将として挑んだ2度目のW杯後の素直な気持ち、そして今後も前を向いて歩んでいくことを記した。