日本代表のブラジル・ワールドカップはグループリーグ3試合で終焉を迎えた。

 2敗1分けの勝ち点1でグループCの最下位。それが日本代表の残した成績である。

 勝てば決勝トーナメント進出の可能性を残すコロンビア戦。結果的にギリシャがコートジボワールに2−1で勝利したため、日本はコロンビアに勝ちさえすれば2位でグループリーグを通過できていた。

 先制されはしたものの、前半終了間際、FW岡崎慎司のゴールで同点に追いついたといきには、逆転突破の芽が膨らんだかに見えた。

 しかし、後半、コロンビアが10番のハメス・ロドリゲスを投入してきたことで試合の流れは一気に変わった。

 フランスリーグのモナコで活躍するレフティは、後半開始直後が勝負とばかりにピッチを広く動き回り、ボールを受けてさばく動きを繰り返し、前半は停滞しがちだったコロンビアの攻撃にたちまちリズムをもたらした。

 こうなると、フラストレーションが溜まっていたスタンドのボルテージも上がる。日本に比べて圧倒的多数のコロンビアサポーターがつめかけたスタジアムの雰囲気を一変させ、コロンビアが勝利へと突き進むムードを作り上げてしまった。

 55分、ロドリゲスのパスからFWジャクソン・マルチネスが勝ち越しゴールを決めた時点で勝負あり。あとは前掛かりになった日本を手玉に取るように、カウンターから2点を追加。結果は1−4の完敗だった。

 後半開始からのロドリゲス投入が、勝負のポイントとなったのは間違いない。この試合が初出場初先発だったボランチの青山敏弘は「(勢いに)乗せてしまった」と、後半の立ち上がりを悔やむ。

 しかし、青山がこれに続けた言葉が、日本とコロンビアとの力の差を如実に物語ってもいた。

「でも、それが実力。(ロドリゲスを)つぶしに行っているつもりだったけど......。もっと(厳しく)行かないといけなかった」

 確かにひとつの選手交代が大きく試合を動かした。だが、それはひとつのきっかけに過ぎず、わずかな勝負のアヤが決着をつけたような試合ではない。力の差は大きかった。そう言わざるをえない。

 この試合もまた、日本はミスが多かった。

 先制のPKを許した場面にしても、チーム全体の考えが統一されず中途半端な状態でボールを失ったことが発端となっている。

 3試合で計6失点。結果、守備の弱さがクローズアップされがちだが、そこばかりに気を取られては問題の本質を見誤る。最後の4失点目にしても、DF吉田麻也でなくとも、あの状況でロドリゲスを止めるのは簡単なことではなかったはずだ。

 むしろ問題だったのは、イージーミスを繰り返し、あまりに簡単にボールを失いすぎる選手たちのプレーだろう。奪われるはずのないところでボールを奪われれば、守備への準備はできておらず、危険なカウンターを浴びるのは当然だ。

 ましてザッケローニ監督が就任して以来、日本代表が目指してきたのは、ボールポゼッションの時間を長くし、試合の主導権を握るサッカーではなかったのか。目指すサッカーのベースとなる部分でこうもミスが多発したのでは、惨敗も無理はなかった。

 ザッケローニ監督は「ポゼッションし、ボールを失ったらみんなで取り戻す。この4年間、その考えを基にプレーしてきた」とし、「その戦略を基にいい結果を残してきた」とも語った。

 すなわち、バランスよくポゼッションを進めることがボールを失ったときの守備の準備を整えることにもなる。

 ザッケローニ監督が「(攻撃時の)選手間の距離が遠くなったことで守備に問題が起きた」と話したように、ポゼッションそのもののバランスを崩してしまえば、その代償としてゴールが遠のくばかりか、守備が崩壊しても仕方がない。指揮官が語る。

「もっとボールを支配すべきだった。それがチームの考えであり、それを基に戦ってきた。もっと早くパスし、適切な距離で(失ったボールを)取り戻し、また攻める。そうすべきだったが、できなかった」

 そしてまた、「もっと大胆に攻撃しろ、と選手を勇気づけた」と語った指揮官は、「私はこのチームがどのようなプレーができるかを知っている。もっとできたと確信している」と、今大会の内容が不本意なものであったことを悔しがった。

 目指すところとは違った内容に終始した今大会について、「(これまでの準備のなかで)何かを変えられるとしたら精神面。この経験を踏まえて、心の準備の部分を変えると思う」とザッケローニ監督。特に初戦のコートジボワール戦は腰の引けた姿勢が目立ち、確かにメンタル的には十分なケアをして選手を送り出したとは思えない。

 しかし、本当の要因はもっと根本的なところにあるように思う。

 昨年あたりから迷走を始めたチームは、かつてのような安定したポゼッションを失っていた。それを取り戻せないままに新戦力を加え、最後は大久保嘉人をサプライズ招集。ある意味で偶発的な化学変化にかける一か八かの勝負に戦略は傾いていた。

 それは実際、ピッチ上の戦い方にも表れている。

 前線の選手が自らのポジションを忘れ、それぞれが勝手に動き回る。そんな様子は3試合を通じて見えていたものだ。これではボールを支配し、主導権を握ることなどできるはずもなかった。

 やはり、チームづくりの過程において問題を抱えたまま、大会に臨んでしまった印象は拭えない。

 ただし、今大会の結果が出た現在、一番怖いのはポゼッションサッカー志向自体が否定されてしまうことだ。すなわち、日本にポゼッションで圧倒することなどそもそも無理だった、といった類の話である。

 確かに今大会で日本は惨敗を喫した。大会に臨むアプローチには問題があっただろう。

 それでもポゼッションを志向すること自体、日本が進むべき方向性としては間違っていない。そこは今大会の失敗と結び付けて考えるべきではないと思っている。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki