ザック退任表明「責任はすべて自分にある」

写真拡大

 1分2敗でグループリーグ敗退が決まったコロンビア戦(1-4)から一夜明けた25日(日本時間26日未明)、日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督がベースキャンプ地のイトゥで記者会見を行い、日本代表監督を退任する意向を明らかにした。

「今回のメンバーは私が選び、戦い方も戦術も私が決めた。責任はすべて私にある。その責任をきちんと取りたいと思っている」。そう切り出したイタリア人指揮官は昼食の席で選手たちにこの4年間の感謝を述べたうえで、今大会限りで退任する考えを伝えたという。

「選手、スタッフには『もう一度メンバー、スタッフを選べるとしても、同じメンバー、スタッフを選んだだろう』と話したし、そのチョイスには今でも自信を持っている。彼らには『このメンバーとスタッフの監督でいられてうれしかったし、誇りに思っている』ということを伝えた」

 悔いはない。「この4年間、全身全霊で日本代表チームの成長を促すためにやってきたつもりだ」。そう振り返るザッケローニ監督は「4年前の就任会見で『4年後、日本サッカー界に何かを残したい、少しでも遺産を置いていきたい』と言った。その意味で何かを残せたという自負はある」と力を込めた。

 その一方で「足りないところは当然あった」と認める。それは「コンフェデレーションズ杯やW杯本大会で、思ったような結果が出なかった」こと。アジアでの戦いや国際親善試合と違い、世界と真剣勝負をする場で、ことごとく敗北を喫してきた。

「昨日の試合も、ボールポゼッション、シュート数、攻撃の回数、CKの数、FKの数、パスの成功率、そういったものですべて相手を上回っているにもかかわらず、結果は1-4。そういう意味で何か足りないところがあるのかなと思う」

 その「足りないところ」を次の4年間で自分が埋めることができるのか。熟慮の末にバトンを後任に託すことを決意した。ザッケローニ監督にとって初めての代表監督。この日の会見では、クラブチームの監督との違いに苦慮したこともうかがわせた。

「代表チームでは選手を手元に置いておけないので、選手は所属クラブで普段、やり慣れているプレーを出そうとする。それを代表チームに来たときに修正することもあるが、それをすると、その選手の持っている感覚や根本的なプレーを削ってしまうリスクがある。アドバンテージとディスアドバンテージを天秤にかけ、選手たちの本能的なものを排除するのはよくないという結論に至った。同時に代表チームの難しさを感じた」

 自分自身の限界も感じたということだろうか。「私は日本代表を離れなければならないと思っている。日本代表に足りないものを新しい監督が埋め合わせ、このチームをさらに強くしてもらう時期が来たのかなと思う」。そう言って、正式に退任を表明した。

 ただ、4年間を通してやってきた方向性に間違いはなかったと今でも思っている。そして、この先の4年間も、同じ方向性に向かっていってほしいとの願いを口にした。

「4年前に始動して、現状を見ながらも、将来に目を向けてチームづくりを進めてきた。日本のサッカー文化、日本人選手の特長を吟味したうえで、技術力は世界に行っても通用する、しかしフィジカルでは足りない部分があると分析した。スピードに乗って、インテンシティーのあるサッカーを展開していこうと、チームづくりを進めてきた。そういう意味で、その方向性や、やってきたことは間違ってなかったと思うし、今後もこの4年間やってきた道を継続して進んでいくべきだと個人的には思っている」

(取材・文 西山紘平)