GL敗退から一夜明け…ザックが記者会見で退任表明

写真拡大

 1分2敗でグループリーグ敗退が決まったコロンビア戦(1-4)から一夜明けた25日(日本時間26日未明)、日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督がベースキャンプ地のイトゥで記者会見を行い、日本代表監督を退任する意向を明らかにした。

 記者会見でザッケローニ監督は「今朝、協会の方々と話をした。ランチの時間には選手に話をした」としたうえで、「私は日本代表を離れなければならないと思っている。日本代表に足りないものを新しい監督が埋め合わせ、このチームをさらに強くしていく時期が来たのかなと思う」と述べた。

(取材・文 西山紘平)