写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ニコニコ静画で連載されていた人気Web漫画『エンゼルゲーム』が、講談社とのコラボレーションにより「シリウスKC」で単行本化されることが明らかとなった。これにあわせて、ニコニコ静画と講談社は2つのプロジェクトを実施する。

『エンゼルゲーム』は、2011年6月10日から同年9月16日まで、ニコニコ静画の「ニコニコ漫画(公式)」で連載されていたWeb漫画。『戦勇。』で知られる春原ロビンソンが原作を、『お前のご奉仕はその程度か?ニコぷらす』などで知られる町田とし子が作画を担当し、人気を博した。

今回のコラボプロジェクトでは、同作の新シリーズとなる『エンゼルゲームII リバース』を「月刊少年シリウス」と「ニコニコ静画」で同時連載する。連載開始日は「月刊少年シリウス」が6月26日、ニコニコ静画が7月25日。さらに、「月刊少年シリウス」がニコニコ静画で展開するWeb漫画ページ「水曜日のシリウス」では、ニコニコ静画で連載された内容に一部加筆を行い、紙原稿版〈SIRIUS EDITION〉として連載がスタートされる。

なお、商業誌と「ニコニコ漫画(公式)」で同時連載が行われるのは、今回が初の試みになるとのこと。

(C)春原ロビンソン (C)町田とし子/dwango

(吉田美奈子)