25日、軍事評論家の田母神俊雄(たもがみとしお)氏が、都議会のセクハラやじ問題について、Twitterで「いいじゃないかそのくらい」と発言した。

田母神氏は、都議会のセクハラやじについて「女性蔑視だと言われている発言がどうして女性蔑視なのか私にはよく分からない。いいじゃないかそのくらいというのが正直な気持ちです」とし、「心底ひどい発言と思っている人は少ないと思う」と、独自の見解を示した。

また、石原伸晃環境相が、東京電力福島第1原発事故の中間貯蔵施設をめぐる「最後は金目(かねめ)でしょ」と発言した問題についても「心底腹を立てている人はどのくらいいるのでしょうか」と、Twitterに投稿した。


25日に投稿されたこのツイートは、同日20時の時点で、816件のリツイートと、232件のお気に入り登録がされている。

さらに、田母神氏は、政治家が善人ぶって他人を貶める(おとしめる)ことで政治的地位を向上させようとする方が、やじや失言した政治家よりも品がないとし、そんな時間があれば国民や都民のために頑張るべきといった持論を投稿。

また、揚げ足を取る政治が横行することで、何もしないほうがよくなってしまい、何もしない人が偉くなると、問題点を指摘した。


【関連記事】
千葉市議会で小中学校のエアコン設置が否決 「強い精神をつけることも必要」という否決理由に対し日本共産党の椛澤洋平氏がTwitterで「精神論を持ち出す始末」と苦言を呈す
脳科学者・茂木健一郎氏がTwitterで「ネトウヨ」の定義を説明 「ネトウヨを批判するツイートをした時に、怒って私に反論したり私を罵倒したりされる方々が、まさにネトウヨ」とバッサリ
弁護士・落合洋司氏が「アッコにおまかせ!」スタッフに激怒 「俺はお前らのアシスタントじゃねーよ。馬鹿が」