『VHSテープを巻き戻せ!』 ©Imperial Poly Farm Productions

写真拡大

VHSテープをテーマにしたドキュメンタリー映画『VHSテープを巻きもどせ!』が、7月26日から東京・渋谷のアップリンクほかで公開される。

【もっと写真を見る】

同作は、旧日本ビクター社が1976年に開発したビデオ規格で、家庭用ビデオ方式のスタンダードとして長く使用されてきたVHSテープを新たな視点で見つめ直す作品。DVDやBlu-rayの出現によって消えゆくメディアであるVHSの功績を、様々な関係者の証言から紐解く。

出演者には、映画監督のアトム・エゴヤン、フランク・ヘネンロッター、ジェイソン・アイズナー、押井守や、多くのカルト映画を製作している映画製作会社「トロマ・エンターテインメント」代表のロイド・カウフマンをはじめ、カサンドラ・ピーターソン、高橋洋、千葉善紀、加藤和夫、藤木TDC、中原翔子、いまおかしんじ、バクシーシ山下らが名を連ねている。劇中では、家にビデオデッキがやってきた日の興奮や、テープをデッキにセットしたときの感触、レンタルビデオショップの会員になったときの高揚感、中古ビデオを捜し歩いた徒労の日々などについて語られているという。

なお、同作では実際のVHSテープを使用した「VHSテープ型鑑賞券」を劇場窓口で販売。世界初の試みだという同鑑賞券は、VHSを手にしたときの記憶、感触を忘れないで欲しいという思いや、知らない人にはVHSの感触や重みを知ってもらいたいという思いから企画されたという。