試合後無言の長友がブログに思いの丈「すべての批判を受け止めます」

写真拡大

 日本代表は24日、グループリーグ第3戦でコロンビア戦と対戦し、1-4で敗れた。日本代表は1分2敗、勝ち点1のC組最下位でブラジルW杯の戦いを終えた。

 頭が真っ白になった。欧州のビッグクラブ・インテルでプレーし、これまで幾多の困難を乗り越えてきたはずのDF長友佑都にとっても受け入れがたい現実。無言のままミックスゾーンを後にするほど、ショックは大きかった。

 試合後、長友は公式ブログを更新。「少しの時間がたって落ち着いた今、みなさんに自分の思いを伝えたいと思います」と思いの丈を綴った。

 まずは「自分の中にある一番大きな気持ちは、本当に申し訳ない気持ちです。応援して下さった人、支えて下さった人たちに最高の結果で恩返ししたかったです」と無念さをにじませる。「すべての批判を受け止めます。僕はチームの勝利に貢献することができませんでした」と批判が集中することもやむを得ないとした。

 ただ前を向くことの重要性も強調。「批判してくれる人は自分を成長させてくれます。そのすべてをエネルギーに変えて、必ず成長します。応援して下さった人、僕を支えてくれる人、批判してくれる人たちすべてに感謝して、これからも成長しなくてはらないと思っています」と締めくくっている。