GL敗退の原因を語る今野泰幸「チームとして勢いに乗れなかった」

写真拡大

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、日本代表とコロンビア代表が対戦。コロンビアが4−1で勝利し、3連勝でグループリーグ首位通過を決めた。敗れた日本は1分2敗のグループ最下位で2大会ぶりにグループリーグで姿を消すこととなった。

 試合後、今野泰幸は以下のようにコメントしている。

――試合自体は勝とうという気持ちでみんな入っていたと思うけど、最初の先制点の場面が痛かった?

「そのプレーもそうだし、後半もそうだけど、やっぱり我慢しきれなかったですよね」

――それは個の違い?

「個もそうだし、組織的にもあの10番(ハメス・ロドリゲス)が入ってから、前からはめにいこうとしても1人かわされてスルーパスとか、結構自由に裏を狙われました。自分たちにとって怖い攻撃をされましたね」

――相手の圧力は感じていた?

「そうですね。やっぱりスピーディーだし、個でもかわせる能力があるし、動き出しもいい。前半から圧力は感じていました」

――あのPKになったシーンはちょっと厳しいかなと感じたが?

「覚悟してというか、自分の中では自分のタイミングで取れたと、行けると思った。自分ではボールにいったと思ってるけど、わからない。映像を見てみないと」

――南アフリカ大会はベスト16だったが、今回は勝ち点1しか取れなかった。違いはすごく大きいが?

「こういう短期決戦というか、そういう中では勢いとかも必要だと思いますし、チームとしての勢いが出せなかった」