サッカーザッケローニ監督率いる日本代表は25日(日本時間)、ブラジルのクイアバでコロンビア代表と2014年ブラジルワールドカップC組予選第3戦を行い、1―4の大敗を喫した。「寿司(すし) タカ」が崩壊したと、複数の韓国メディアが報じた。またFW本田圭佑など黄金世代と言われる選手が「脱アジア」に失敗したことも伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 サッカーザッケローニ監督率いる日本代表は25日(日本時間)、ブラジルのクイアバでコロンビア代表と2014年ブラジルワールドカップC組予選第3戦を行い、1―4の大敗を喫した。「寿司(すし) タカ」が崩壊したと、複数の韓国メディアが報じた。またFW本田圭佑など黄金世代と言われる選手が「脱アジア」に失敗したことも伝えた。

 コロンビアは第1・2戦では同じ先発メンバーで試合に挑んだが、この第3戦ではなんと8人を入れ替えた。記事は事実上、コロンビアの2軍メンバーだったと指摘。

 日本は前半17分にコロンビアにペナルティキックでの先制ゴールを許したが、前半ロスタイムにはFWの岡崎慎司がヘディングで同点ゴールを放った。

 だが、後半では、これといった攻撃ができないまま、日本は3ゴールを奪われ、完全に崩れた。

 日本代表のザッケローニ監督は短く速いパスを駆使するスペイン式「ティキタカ」を追求。ここに自国の代表的な食べ物である寿司になぞらえ、日本サッカーは「寿司タカ」というニックネームを持つようになったと紹介。

 しかし、寿司タカは、世界のサッカーの前でこれといった力を発揮できないまま崩れてしまった。

 また、香川真司と本田圭佑、岡崎慎司は世界のビッグリーグで活躍する選手で、今回の日本代表は「黄金世代」の強力な布陣だったが、「脱アジア」のプレーヤーとなることには失敗したと指摘した。

 この試合でコロンビアは3連勝をおさめC組1位(勝ち点9)で16強進出を確定。続いて、ギリシャが1勝1分け1敗(勝ち点4)で2位として16強のチケットを獲得した。

 3位のコートジボワールは1勝2敗(勝ち点3)、4位は日本で2敗1分け(勝ち点1)の成績でグループリーグでの敗退となった。

 一方、日本の寿司タカの崩壊を見た韓国のネットユーザーからは「寿司タカ、これが日本の限界なのか」、「アジアサッカーはこんなにも没落したのか」「日本サッカー、それでもちょっと期待をしていたが残念」などという意見があがっていた。 (編集担当:李信恵)(イメージ写真提供:123RF)