『極道大戦争』 ©2015「極道大戦争」製作委員会

写真拡大

2015年に公開される三池崇史監督の映画『極道大戦争』から場面写真が公開された。

【もっと大きな写真を見る】

「世界初の極道ヴァンパイア映画」を謳う同作は、不死身と噂の伝説のヤクザ・神浦玄洋が、刺客に体を八つ裂きにされた末に舎弟の若衆・影山亜喜の首に突然噛み付き、「血の儀式」の洗礼を与えたことから展開される物語を激しいアクションシーンを交えて描く。

神浦に憧れて極道に入ったが、敏感肌で刺青が入れられず仲間からも馬鹿にされている主人公・影山役を市原隼人、全身凶器の殺し屋で影山の宿敵・狂犬役を、映画『ザ・レイド』のインドネシア語版でマッド・ドッグ役を演じたことでも知られるヤヤン・ルヒアンが演じることがこれまでに発表されていた。今回公開された場面写真では、肉体改造を遂げたという市原と、インドネシアの格闘術・シラットの達人でもあるルヒアンが睨み合う様子を確認することができる。